[芸能] 芸能人の福利厚生?!「スプーンからマンションまで」

2012/06/20 13:50:31

『芸能人って幸せ~』
芸能人であるために享受できる無限の恩恵。衣装協賛は基本、自動車やマンションまで芸能人DC(ディスカウント)が存在するこの頃。芸能人が享受している様々な恩恵と協賛にはどんなものがあるのだろうか?12日に放送されたケーブルチャンネルtvN『ENEWS-名簿公開』では『スプーンからマンションまで!芸能人の福利厚生』をテーマに強烈なリストが公開された。
7位 レストラントップスターたちがレストランに行けばサービスという名目でタダで食事が出来ることがある。このように芸能人にだけ提供される特別な『食』についての恩恵があるのだが、その中のひとつが『スターDCカード』だ。これはレストラン利用時に割引されるカードで業界別に芸能人の人気や知名度によってクラス分けされ、大体A級スターは50%、B級は30%程度の割引を受けることが出来る。それだけではない。『貢物文化』もまた芸能人に大きな恩恵を与えている。ファンたちはスターのために間食から最高級料理まで、広くはスタッフの食事まで準備することがある。
6位 身につける全てのもの芸能人がドラマ撮影時に衣装協賛を受けることはよく知られている。しかしそれを超えて、広告やグラビア撮影時に着用した衣装をタダでもらうことも多い。人気の度合いによって各店舗で自発的にそのサービスを行うこともある。また最近話題に上る『空港ファッション』。何気なく着てきたスタイルのようだが、これも頭の先から足の先まで協賛だという。空港で着てあげるからと現物をもらう芸能人もいるらしい。
5位 海外旅行海外旅行で一番高いのが航空機チケット。スターはDCカードを利用するか、はじめからタダで協賛を受けたりする。更にトップクラスとなるとチャーター機の協賛を受けたり、最高クラスの座席を無制限で使えるなどいくつもの特別な恩恵を受けるという。それだけではない。フリーの旅行もタダだ。旅行会社もまた芸能人をクラス分けしてそのクラスによっては旅費全てを持ったり、割引したりするそうだ。
4位 教育芸能人は歌、演技、ダンスなど芸能活動に必要な教育だけでなく作品の為に外国語、スキューバーダイビングなどの自己啓発教育もやはり所属事務所で全額負担し、タダで勉強しているという。それだけではなく大学も特待生選考で入学したり、大学によっては登録料支援の特別な恩恵を受けたりできる。また、韓国では一般的に学士4年、修士2年、海外留学など経なければならない教授職もスターたちはこういった過程を経ずに簡単に得られる。
3位 数億ウォン台の結婚式芸能人の結婚式は普通、数億ウォンの費用がかかる。式場、ドレス、結納品、記念品など億単位で行われるが、大部分が協賛で行われているという。映画館やホテルではメディアに露出する対価として結婚式、記者会見を全額無料にする。ウェディング写真の撮影スタジオもまた同様である。芸能人の結婚で一番の恩恵を受けるのがウェディングドレスだが、結婚式前から『誰誰のドレス』と広告効果が大きいため、高価なドレスの協賛を受けるという。数億ウォンの記念品も同じだ。
2位 自動車自動車もまた協賛や芸能人DCを通じて多くの恩恵を受けるものだ。当代最高のスターパワーを利用して高価な自動車を安い価格で、または無料でもらえる方法は1号車マーケティングだ。スターを新車1号車の主人公に選定して、広告効果を得る方法でイ・ボムス、ヒョンビン、チャン・ドンゴン、ハ・ジョンウ、ソン・ジュンギなどが代表的な例だ。またスターたちが乗っている高価な外車も芸能人DCを利用し、割引価格で購入したものだ。
1位 不動産芸能人は『家』までも協賛を受ける。マンションは分譲が始まるとすぐに施工者や建築主が芸能人を相手に相場よりも安く購入できるVIPマーケティングを実施するという話だ。マンション広告モデルもまた特別な恩恵があるという。そして芸能人の家が雑誌や番組に出ると膨大な宣伝効果を上げるため、雑誌や番組に出ることを条件にインテリア協賛を受けて、家具をプレゼントされたりする。

©enews24

タグ
韓流
K-POP
すべて一覧
スジ・ヒョナ・ソヒ・テヨン 韓国最強「ガールグループF4」に選定 2012/06/20
チャン・グンソク 単独出演娯楽番組が上海国際映画祭を抑え視聴率1位に! 2012/06/20
チ・ヒョヌ-ユ・インナ カップルテーマソング『イニョン王妃の男』OST発売 2012/06/20
芸能人の福利厚生?!「スプーンからマンションまで」 2012/06/20
ジェジュン 口を尖らせてふくれっ面セルカ「それでも可愛い~」 2012/06/20
ダビチ、BEASTに続きノウルまで『ビッグ』OST『愛ならば…』 2012/06/20
ユンナ 個性的なグラビア『人形の脚』公開 2012/06/20