[芸能] 祭りの夏到来!ロックからエレクトロニックまで どこで何を楽しもうか?

2012/06/13 18:14:10

祭りの季節がやって来た。音楽を愛する全ての人はこの季節、音楽の祭典を楽しむ権利がある。夏の音楽の祭典と言えばロックフェスが思い浮かぶがロックだけじゃない。エレクロトニックフェス、20代好みのトレンドパーティーなど多様なジャンルの祭りが音楽ファンの心をワクワクさせる。リゾート地と野外プール、島などいろいろな場所で祭りが開かれ音楽ファンの期待を集めている。
#快適にロックを楽しもう、チサンバレーロックフェスティバル(7月27日~29日)
2009年から始まったチサンバレーロックフェスティバルは快適な環境と優れたラインナップが噂で広がり最高の人気を誇るロックフェスティバルとして挙げられる。チサンフォレストリゾート芝生広場でイベントが行われ、他のフェスよりも環境がよいと評価されている。日常から抜け出しロックと自然を存分楽しめる。環境がよいので2泊3日をキャンプで過ごすファンも多い。祭り自体を楽しむのに最適だ。
今年のラインナップの中で目立つのはRADIOHEADだ。『Creep』など数々のヒット曲を発表している彼らは今回が初来韓だ。彼らの出演が決まると前売り3日間チケット5,000枚が2分で売り切れた。この他にも実力人気を兼ね備えた海外アーティスト、国内アーティストが多数出演する。
#伝統のロックフェスティバル、インチョンペンタポート ロックフェスティバル(8月10日~8月12日)
1999年トライポートロックフェスティバルとしてスタート、2006年にペンタポートに発展した国内初の大型アウトドアフェスティバルである。昨年から 『K-POPフェスティバル』などの統合された『仁川​​ペンタポート音楽祭』に生まれ変わり、仁川ターミナルに会場を移し規模をより大きくした。西海岸の夕日と朝の海霧が素晴らしい自然の景色を演出するという主催者側の説明だ。
広い敷地にキャンプ場も用意されており、キャンプも可能だ。イベント開始当初の 『ぬかるみと長靴必須』イメージがあったが昨年からは快適さがより強調されている傾向にある。
SNOW PATROL、CRYSTAL CASTLEを始め、メジャー・マイナーを問わない幅広いラインナップが魅力だ。
#『日本のSummer Sonicが韓国に来る』SUPER! Sonic(8月14日〜8月15日)
日本で開かれる都市型音楽フェスティバル『Summer Sonic』と連携した韓国のロックフェスティバルである。韓国では今年初めて開かれる。日本の『Summer Sonic』は、2000年に始まり今年で13回目を迎えるアジアを代表する音楽フェスティバル。東京と大阪、二つの都市で交互に開かれる。米国と欧州のどのフェスティバルも劣らない世界的なミュージシャンたちのラインナップが注目だ。その名声が韓国でも続くかどうか注目される。
このフェスティバルの長所は、優れたアクセス性である。オリンピック公園で開かれるだけに宿泊を心配をしなくても良い。二日間2つのアリーナ会場で様々な公演が繰り広げられる。『Summer Sonic』は、今年のラインナップSOUL WAX、New Orderなどが確定した。日本にはJAMIROQUAI、RIHANNAの出演決定。彼らが韓国に来るかどうかに関心が集まっている。
#トレンディーなパーティーをしたい場合は20's Choice(6月28日)
夏祭りはロックフェスティバルだけではない。夏のシーズンを代表する授賞式『20's Choice』。今年はパーティースタイルを強調し新しく開催される。会場もバンヤンツリークラブ&スパソウルの屋外プール、ザ・オアシスに​​変更された。南国のリゾート地を連想させるスタイリッシュなプールとして有名だ。レッドカーペットではなく、ブルーカーペットで開催されるスターたちのイベントとホットな歌手たちのエキサイティングな舞台、観客たちの熱い声援がひとつになって新たなコンセプトのお祭りが開かれる見込みだ。
『20's Choice』は7日、授賞部門と候補を公表した。授賞部門は、毎年、その年のトレンドに基づいて決定されるだけに、今年は『20'sソーシャルアーティスト』『20'sクリック』『20'sバンドミュージック』などが新設された。大衆文化全般のトレンドを網羅するようにTV、映画、音楽、スポーツ、スタイルなどジャンルに拘らず範囲を広げたことが今年の受賞部門および候補の特徴だ。
#UMFコリア(8月3日〜8月4日)
UMFコリア(Ultra Music Festival Korea)は、米国マイアミ、スペインのイビサ、アルゼンチンのブエロスアイレスなどで繰り広げられているグローバルエレクトロニックダンスフェスティバルの韓国版である。 14年目続けているUMFマイアミは、2005年から2011年まで 『インターナショナルダンスミュージックアワードIDMA』で 『ベストミュージックイベント』賞を受賞している最高のエレクトロニック·ミュージシャンラインナップを誇る祭りだ。
UMFが文化、芸術、ファッションなどのトレンドのメッカとして浮上する世界6都市で開催されるというニュースが伝わるとエレクトロニック音楽ファンは、アジアの都市のシンガポールや香港、東京のいずれかで開催されることを期待していた。しかし、その予想を覆してアジア開催都市が韓国ソウルに決定され、韓国ファンたちを喜ばせた。 今まで公開されたラインナップには世界的なDJが含まれており、ファンは期待を高めている。 UMFコリア主催者側は6月まで継続して国内外のアーティストを追加的に発表すると明らかにした。
#ワールドエレクトロニカカーニバル(8月10日〜8月12日)
今年の夏、チャラ島はエレクトロニック音楽の熱気で熱く盛り上がる。クラブマニアなら名前だけ聞いてもワクワクする世界のエレクトロニックアーティストたちがチャラ島で開かれるワールドエレクトロニカカーニバルに参加するためだ。 主催側は『2012 WEC』は、単なる音楽祭の枠を越えて楽しさと面白み、感動と情熱をモチーフにした新世代の文化のトレンドをリードすることができる祭りをキャッチフレーズにしアジアを代表する祭りに成長すると抱負を語った。 ラインナップの中で一番最初に目につく名前は、2008年のグラミー賞のベストリミックスレコーディング賞を受賞したベニーベナシダ。多くのCM音楽に使われ、国内ファンたちに非常になじみ深い。日本を代表するスタジオアパートメント、DEXピストルスなどのミュージシャンも参加する予定。

©enews24

タグ
K-POP
すべて一覧
『赤道の男』イ・ジュニョク VS『悪い男』キム・ナムギル 妙に似ている二人 2012/06/14
Dal★ShabetのHPがハッキング、ドラマ「幽霊」をまねた? 2012/06/14
チョン・ヨンファ、パク・シネ「オレのことスキでしょ。」日本地上派放送決定…ファンミ開催 2012/06/13
祭りの夏到来!ロックからエレクトロニックまで どこで何を楽しもうか? 2012/06/13
『ビッグ』 コン・ユ、イ・ミンジョンに不意打ちキス2連発 2012/06/13
IU コンサートでユ・インナにサプライズ通話! 2012/06/13
JYJジェジュン 拉致?部屋の隅で『シクシク』 2012/06/13