[芸能] 俳優リュ・シウォン「娘のために家庭を守る」

2012/05/07 11:22:24

離婚の危機を迎えている俳優リュ・シウォン(40)が「娘のために最善を尽くして家庭を守る」という立場を明らかにした。   リュ・シウォンは3日午後2時、ソウル江南区三成洞(カンナムグ・サムソンドン)ラマダソウルホテルで開かれたチャンネルAの月・火曜ドラマ「グッバイ女房」の制作発表会で、「短いコメントでも一言述べなければならないようだ。 良くない姿をお見せしてファンに申し訳なく思う」とし、夫人チョさん(31)が離婚調停申請書を出したことについて慎重に話し始めた。   リュ・シウォンは「私の立場は変わらない。 家庭と娘は私のすべて。 これほど大切なものはなく、私の立場は絶対に変わらないだろう。 私の娘と家庭を守るために最善を尽くす」とし「もちろん私の思い通りにならないかもしれないが、娘に親として家庭を守る姿を見せなければならず、最善を尽くして努力する」と明らかにした。   続いて「正直、個人的に言いたいことは多い。 真実を話そうと、弁解をしようと、もっと多くのことを話したい。 しかしそうできない理由は結局、娘がその事実を知って傷つくかもしれないから」とし「繰り返しになるが、本当に言いたいことは多い。 それでも娘のことを考えると、言葉を控えるのが最善だと思う。 一つひとつ賢明に解決していく。 家庭を守るという気持ちは変わらない」 と伝えた。   この日の立場発表はリュ・シウォン本人の意志で行われた。 当初、「グッバイ女房」チームは取材陣の質問を一切受けなかった。 質疑応答の時間はあったが、司会者と出演陣があらかじめ準備したドラマ関連の質問と回答をする形で進められた。 リュ・シウォンの個人の件に対する質問があふれるのを防ぐための措置だったが、取材陣の不満を招くのに十分な状況だった。 しかし制作発表会が終わった後、席を離れなかったリュ・シウォンが関係者を別に呼び、「少しの間でも話をしておかなければならないようだ」と言って会見の時間を要請した。   リュ・シウォンは09年に知人の紹介で夫人のチョさんと初めて会った。 翌年2010年10月に挙式し、昨年1月に娘が生まれた。 しかし今年4月、夫人が家庭裁判所に夫リュ・シウォンを相手に離婚調停申請書を出し、ファンに衝撃を与えた。 これに対しリュ・シウォンは所属事務所を通じて「家庭を守る」と明らかにした後、40日以上、訴訟代理人を選任していない。 離婚よりも和解したいという意志の表現と推測される。   「グッバイ女房」は、5年の熱愛の末にカン・ソナ(ホン・スヒョン)と結婚した元格闘技チャンピオンのチャ・スンヒョク(リュ・シウォン)が、突然現れた初恋の相手オ・ヒャンスク(パク・ジユン)のために気持ちが揺れて生じるエピソードを描いたドラマ。 7日午後8時50分から放送が始まる。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
リュ・シウォン
リュシウォン
グッバイ女房
すべて一覧
リュ・シウォンの夫人、裁判所で夫の“通話内容”照会申請…なぜ? 2012/05/07
KARAハン・スンヨン、懐かしのあのキャラクターに変身! 2012/05/07
エイミー「キム・テヒになれると思ったのに!」 整形手術後、結局復元 2012/05/07
俳優リュ・シウォン「娘のために家庭を守る」 2012/05/07
兵務庁「パク・ユチョン、疾病進行中なので再検査過程を経る予定」 2012/05/07
キム・ソナ、赤のスリットスカートで美脚を誇示 2012/05/07
女優ペ・ドゥナ、撮影裏を暴露?! 「昼食はおにぎりがたったの…」 2012/05/07