[芸能] 女優イ・ナヨン、「ペ・ヨンジュンとのスキャンダルは…」

2012/02/15 13:48:54

 女優のイ・ナヨンが「ハウリング」(ユ・ハ監督)で久しぶりにスクリーン興行に挑戦する。映画業界で最も出演交渉したい女優だったイ・ナヨンは、この数年、作品の成績が振るわなかった。2006年「私たちの幸せな時間」の230万観客動員を最後に、「非夢」(08)と「パパは女が好き」(09)で相次いで興行不振を体験した。   2010年にドラマ「逃亡者プランB」では強烈なアクションを見せ変身を試みたが、当初の期待より成績は低調だった。彼女には何か変化が切実だった。その渦中に出会った作品が「ハウリング」だ。疑問のオオカミ犬殺人事件を追跡する刑事の話だ。イ・ナヨンは古参刑事(ソン・ガンホ)にいつも無視される新参女刑事のウンギョンを演じた。イ・ナヨンは配役のためバイクの免許を実際に取得する情熱でアクションを練習した。最も現実的な女刑事のキャラクターを作るため話し方やファッション、ヘアスタイルなどすべて悩んで協議した。公開は16日。   ――「逃亡者プランB」以後でアクションに意欲を見せているようだが。   「アクションはおもしろい。最初にアクション演技をしたのは2000年の『天士夢』だった。しかしその時は本当にまねする水準だったとすれば、『逃亡者プランB』以後ではアクションの妙味を少しずつわかるようになった。今回も武術監督がリアルアクションでたくさん指導してくれた。おかげでさらに写実的な演技ができたようだ」   ――だが、アクションよりはメロ演技するイ・ナヨンを見たい。   「私もそのような作品が懐かしい。濃いメロに対する欲求が明確にある。ところが最近ではそうしたシナリオを求めるのは難しいようだ」   ――それでは露出演技も可能という話なのか。   「それはまだ自信がない(笑)」   ――もう恋愛と結婚も考えなければならない年齢ではないのか。   「不思議に私の周辺にそうした話をする人がいない。多様な分野の知人と交流しおしゃべりをするが、結婚の話が話題になったことはなかった。私の周辺には偶然にもそうした人ばかりいるようだ」   ――まだ結婚は遠い話ということなのか。   「そのようだ」   ――前所属事務所大株主のペ・ヨンジュンとのスキャンダルはどうなったのか。   「私はあの方が新しく建てたという城北洞(ソンブクドン)の家の近くに行ってみたこともない。私がその方の新居に立ち寄ったのをファンが見たという目撃談がインターネットに飛び交ったというのは事実と違う。多分私に似た誰かがいるようだ(笑)」   ――新しく移った所属事務所にはウォンビンが先輩にいる。よくしてくれるか。   「以前に同じ所属事務所だったことがあり面識はあった。移籍後に時々作品に対し助言もしてくれたりした」  

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
イ・ナヨン
すべて一覧
[Photo] チュ・ジンモ、本当は優しい男です。 2012/02/15
[Photo] 映画「ガビ」の出演者チュ・ジンモら、舞台挨拶 2012/02/15
韓国大物歌手パティ・キム、54年の音楽人生にピリオドを打つ 2012/02/15
女優イ・ナヨン、「ペ・ヨンジュンとのスキャンダルは…」 2012/02/15
日本人監督「韓国映画のレベルの高さに感心」、映画「ポエトリー」公開 2012/02/15
俳優キム・ボム、タイで爆発的な人気 2012/02/15
元人気アイドル、「恋人と別れた原因は彼女の“金癖の悪さ”」 2012/02/15