[芸能] 女優Ara「少女時代のメンバーになるところだった…」(2)

2012/01/19 17:22:42

――俳優には容貌も財産だ。 「それでも広告のイメージが多いので俳優としてのアイデンティティに混乱があった」   ――映画でジウォンは好きなこととうまいことのうちどちらを選ぶのか混乱に陥る。芸能人Araはどうなのか。 「運動は好きですることという結論を下した瞬間、ジウォンは自身の目標を達成する。映画『パパ』で見せたようにダンスと歌に自信がある。少女時代メンバーになりそうにもなった。提案が来たが断った」   ――後悔しはしないか。 「少女時代が世界的スターになったがうらやましくはない。私が好きでやっている演技があるからだ」   ――「パパ」では6兄妹の長女ジュンを務めた。家族解体を望む妹と言い争いする場面が印象的だ。 「人種が違う兄妹を難しく引っ張っていくジュンの真心が感じられた。演技という事実を忘れ没頭した。高齢の米国人撮影監督が『私が撮った場面ベスト3に入る』とほめた。何か演技に開眼する瞬間だった」   ――どういう意味なのか。それですっぴんをたくさん見せたのか。 「演技というのは作り上げてできるものではないようだ。自分を忘れる時に真の演技が出てきた。化粧もしなかった。『ペースメーカー』のユ・ジウォンになろうと、筋肉をつけ体重を5キロ増やした。『パパ』では10代の米国人少女の流行に合わせまゆ毛を一の字に手入れした。『ペースメーカー』撮影時にアキレス腱をけがしてまだ治療を受けているが貴重な勲章だと考えている」  

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
Ara
少女時代
パパ
すべて一覧
キム・ヨナ、スピーチでもやっぱり“クイーン” 2012/01/19
大国男児、新アルバムで日本オリコン5位 2012/01/19
KARAク・ハラ、スキニージーンズでセクシーさ大爆発! 2012/01/19
女優Ara「少女時代のメンバーになるところだった…」(2) 2012/01/19
女優Ara「少女時代のメンバーになるところだった…」(1) 2012/01/19
少女時代テヨン、香港コンサートで破格の“ランジェリールック” 2012/01/19
女優シン・ウンギョン、肖像権侵害の医師を提訴 2012/01/19