[芸能] 女優Ara「少女時代のメンバーになるところだった…」(1)

2012/01/19 17:17:40

2003年に放映されたKBSの青少年ドラマ「四捨五入」。長いストレートヘアに小さな顔、茶色い大きな目を持った主人公オクリムは少女漫画の主人公のような清らかさで多くの視聴者を引きつけた。当時13歳のオクリムが22歳の女優Ara(アラ)に成長した。   Araの出発は華麗だった。少女時代やSUPER JUNIORが所属する大手事務所SMエンターテインメントの初めての演技者という点も作用した。ドラマ「雪の花」(2006年)、「どなたですか?」(2008年)などに相次いでキャスティングされ、広く硬い道を歩むようだった。そんな彼女に成長痛がやってきた。2009年に同じ所属事務所のユンホ(東方神起)とともに出演したドラマ「地面にヘディング」で凄惨な失敗を味わった。 「広告だけで輝くスター」という悪意の書き込みがあふれた。   2年余りの空白の末にAraが「演技者」として帰ってきた。「ペースメーカー」(18日公開)、「パパ」(2月2日封切り)2編の映画を通じてだ。忠武路(チュンムロ)では「なぜこれまでAraを忘れていたのか」という反応を見せている。目立った20代女優が不足した映画界に活力になったという評価だ。18日にソウル・三清洞(サムチョンドン)のあるカフェで彼女と会った。   ――映画を見ると演技に飢えていたようだ。 「『地面にヘディング』が終わって本当に大変だった。地面にヘディングする気持ちだった。作品を選ぶ目がないか、そうでなければ演技力が足りないのか自責もした。映画でしっかりとした演技をしたかった。改めてデビューするという覚悟だった」   ――「ペースメーカー」で実力よりも容貌で脚光を浴びる棒高跳び選手のユ・ジウォンとして出てくる。 「ジウォンが置かれた状況に自分自身がたくさんオーバーラップした。私も演技で認められたいが容貌で脚光を浴びているのではないか」  

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
Ara
少女時代
ユンホ
東方神起
地面にヘディング
ユ・ジウォン
アラ
すべて一覧
大国男児、新アルバムで日本オリコン5位 2012/01/19
KARAク・ハラ、スキニージーンズでセクシーさ大爆発! 2012/01/19
女優Ara「少女時代のメンバーになるところだった…」(2) 2012/01/19
女優Ara「少女時代のメンバーになるところだった…」(1) 2012/01/19
少女時代テヨン、香港コンサートで破格の“ランジェリールック” 2012/01/19
女優シン・ウンギョン、肖像権侵害の医師を提訴 2012/01/19
SM、EXO-K、EXO-Mのイケメン新メンバー、レイ公開! 2012/01/19