[芸能] 韓国の視覚障害者の支援に乗り出した少女時代海外ファン20万人(1)

2011/12/22 9:50:51

彼の目はもしかしたらあまり見えないかもしれない。視覚が徐々に衰え失明に至ることもある網膜色素変性症(RP)という病気を患ったためだ。彼の娘は世界中を飛び回るスターだが、世界中のファンの心をとらえる娘のステージを、もしかしたら見られなくなるときがくるかもしれない。   韓国を代表するガールズグループ少女時代のメンバー、スヨン(本名チェ・スヨン、21)の父親であるチェ・ジョンナム失明退治運動本部会長(56)の話だ。貿易業に携わっていたチェさんは、2004年、目がかすみぼやけて見えることから眼科を訪れた。医者はRPであると診断、「失明するおそれがある」と話し、チェさんは恐怖と衝撃におののいた。人々の話をたよりに、同じ病気の患者が集まる韓国RP協会(現・失明退治運動本部)に行き着いた。   「当時、眼科の医者さえ、RPという病気についてよく知りませんでした。治療は言うまでもありません」。チェさんは2006年から団体の会長に就き、今もこの団体を引っ張っている。現在、この団体の会員数は約5000人、韓国内のRP患者は約1万5000人いると推定されている。   ◆娘は少女時代のスヨン=チェさんは意外に淡々としていた。「RPの診断を受けても、神への強い信頼があったので家族はそんなに心配しませんでした」と話す。 チェさん家族は敬虔なキリスチャンだ。家族は「見えなくなった者の目を開かせる奇跡が起きる」と、互いに応援し合いながらつらい時期をともに乗り越えてきた。   2007年8月、末っ子スヨンが“少女時代”としてデビューした。チェさんは「外では派手なスターだが、家族には末っ子とは思えないほど情が深くて家庭的な子」と語った。最近のように忙しいスケジュールの中でも、常に父親の近況や安否を気づかうメッセージを送り、家族の様子を気にかけているという。   スヨンは去年、失明退治運動本部が主催するイベントに向かう途中、交通事故に遭ったこともある。少女時代のメンバーであるティファニーやユリ、ソヒョンは、チェさんの話を間接的に聞いて、スヨンとともに気持ちをひとつにして去年から折に触れて本部に基金を送っている。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
少女時代
スヨン
すべて一覧
少女時代ジェシカ、ルドルフ変身でウィンク発射 2011/12/22
少女時代、外国人歌手で初のオリコン2冠達成 2011/12/22
韓国の視覚障害者の支援に乗り出した少女時代海外ファン20万人(2) 2011/12/22
韓国の視覚障害者の支援に乗り出した少女時代海外ファン20万人(1) 2011/12/22
俳優イ・ビョンホン、爆発的な人気の中で日本ファンミ開催 2011/12/21
オダギリジョー、「マイウェイ」共演者の第3子の名づけ親に? 2011/12/21
歌手Rain、入隊前にキム・テヒとダンス三昧? 2011/12/21

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top