[芸能] 第3世代韓流アイドルがオリコンチャートで大活躍

2011/12/08 17:14:59

「第3世代韓流アイドル」による日本市場ラッシュが恐ろしい勢いで展開されている。   8日のオリコンチャートによると7日に同時公開された大国男児、RAINBOW(レインボー)、4Мinute(フォーミニッツ)のシングルはそれぞれチャート7位、8位、16位に入る底力を見せた。   大国男児は新曲「Love Days」でチャート7位に上がった。昨年から日本では発表したシングル3作がすべてオリコンチャート5~6位にランクされるなど成功街道を走りいまや定着した感じだ。RAINBOWの活躍も目につく。7日に発売したシングル「マッハ」でオリコンデイリーチャート8位に上がった。9月に発売したデビューシングル「A(エー)」が発売当日3位に入ったのに続き2打席連続ホームランを打った。   イケメングループINFINITE(インフィニット)は先月発売した最初の日本語シングル「BTD」でデイリーチャート2位に入ったのに続き、ウィークリーチャートでも善戦している。発売3日で3万枚の販売高を上げウィークリーチャート7位に入った。4Мinute、U-KISS(ユーキッス)なども7日にシングルを公開し大活躍を予告している。これらはAKB48、安室奈美恵など日本のトップ歌手らと発売日が重なる悪材料の中でも善戦している。   「第2世代韓流アイドル」の人気も相変わらずだ。SUPER JUNIOR(スーパージュニア)はデイリーシングルチャート3位に入り、SHINee(シャイニー)はデイリーアルバムチャート3位に入り第3世代をリードしている。ある歌謡関係者は「東方神起、少女時代、KARA(カラ)が最高の人気を享受しており、SUPER JUNIORとSHINeeもトップに近づいている。韓国で人気と実力の検証を受けた第3世代韓流アイドルの善戦もそれほど驚くことではない」と話している。  

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
少女時代の写真集「Holiday」が日本の書籍ランキングで1位に! 2011/12/08
チャン・グンソク「日本の原発事故で核安全保障に関心持った」 2011/12/08
チョン・ウソン主演ドラマ「パダムパダム」の魅力溢れる主役たち 2011/12/08
第3世代韓流アイドルがオリコンチャートで大活躍 2011/12/08
KARA、日本最高の子役俳優・芦田愛菜と合同公演 2011/12/08
RAINBOW「Mach」、オリコントップ10入り 2011/12/08
コン・ユ、日本出国前の空港ファッションが話題に 2011/12/08