[芸能] ‘ワールドスター’Rain 軍隊に行っても40億ウォン請求訴訟

2011/11/22 20:11:00

二等兵になった歌手Rain(本名チョン・ジフン)が巨額の損害賠償請求訴訟を起こした。 ハ・ジウォンらが所属する事務所ウェルメイドによると、Rainは4日、ソウル中央地裁を通して40億ウォン(約2億8000万円)の損害賠償請求訴訟を起こしたという。 今回の訴訟は、Rainがウェルメイドの前身ウェルメイドスターエムを通して07年6月に進めた米ハワイのワールドツアー公演が取り消しになったことで、現地契約代行を担当したクリックエンターテイメントに支払った取り消し合意金と名誉毀損に対する損害賠償金額が含まれている。 当時クリックエンターテイメントは、Rainがコンサートを一方的に取り消したとして訴訟を起こし、09年3月に米ハワイ・ホノルル連邦陪審はRainとRainの所属事務所JYPエンターテイメントに800万ドルの支払いを命じる判決を下した。 その後、クリックエンターテイメントとRainは合意し、すべての問題が解決したように見えた。しかしRainは当時、韓国で行事を主管したウェルメイドスターエムの責任も少なくないと判断し、今回の訴訟を起こしたいう。 損害賠償要求金額の40億ウォンには当時Rainがクリックエンターテイメントに支払った合意金と訴訟費用以外にも、裁判と関連して失墜したイメージに対する慰謝料13億ウォンが含まれた。 Rainが所属するJ.TUNEエンターテイメント側は「裁判のために広告やキャスティングで損害が生じた部分が少なくない。Rainは軍隊に行っているが、父親を通して訴訟を起こしたと聞いている」と伝えた。 これに先立ち09年にもウェルメイドスターエムとRainは法廷争いをした。当時ウェルメイドスターエムはRainと当時の所属事務所JYPエンターテイメントを相手取り、「米国内の‘Rain’商標権に問題があるという点などを明らかにせず、予定されていた35回の公演のうち16回がキャンセルになった」として訴訟を起こした。これに対し一審、二審裁判所は「Rain側に責任を問うことはできない」として、RainとJYPエンターテイメントに軍配を上げた。2月末の最高裁も原審の判断を受け入れ、ウェルメイドスターエムの上告を棄却した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
女優ファン・シネ、歳月を忘れさせるパーフェクトボディー 2011/11/23
女優イ・ミンジョン、“プロポーションだけが残念な”大学卒業写真が公開 2011/11/23
少女時代が「彷徨する少年たち」の指導者に 2011/11/22
‘ワールドスター’Rain 軍隊に行っても40億ウォン請求訴訟 2011/11/22
FTISLANDが台湾の音楽チャートを席巻 2011/11/22
少女時代スヨンとティファニー、夢幻の魅力を発散! 2011/11/22
チョン・ジュノら個性派俳優3人、“ガングロフェイス”で堂々登場 2011/11/22

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top