[芸能] ‘逆輸入アイドル’ 大国男児、「日本の次は韓国だ」(1)

2011/11/15 4:13:00

'逆輸入アイドル' 大国男児(ミカ、カラム、ヒョンミン、インジュン、ジェイ)が日本活動を成功させ、韓国歌謡界にカムバックした。大国男児は昨年3月、韓国でシングル「憧憬少年」を発表した後、日本の活動のみに注力してきた。日本では発表したシングル3枚全てが、オリコンチャートの5〜6位圏にランクされるなど成功街道を走ったが、韓国のファンからは遠くなっていく感じがあった。 カムバックシングル 「レディー」を準備するなかで、心配ばかりが先立った。しかしシングルリリースと同時に「バラードドル(バラードアイドルの略語)」という新しいニックネームを獲得し、人気を呼んでいる。 大国男児は 「他のアイドルグループから移ってきたファンもかなりいる。だが、再スタートだ。すべてのものが新しく期待も大きい。冬休みが終わって学校に通い始めた感じ」と、カムバックについての気持ちを明かにした。 --ひさしぶりのカムバックだ。 「1年半ぶりに放送局を訪れたが、後輩ができてびっくりした。初放送の前には胸が高鳴って寝そびれた。冬休みが終わり『さあ、これからまた学校に行こう』という気分」(ミカ) --バラード曲で戻って来た。 「成長したところをお見せしたくてバラード曲に初めて挑戦した。秋に似合う音楽だが、歌唱力をアピールしたかった。日本で僕たちのボイスは“オーケストラみたいだ”という評価を受けていた。厚みのあるハーモニーを披露したかった」(ヒョンミン) --日本で活動している間に、韓国ではアイドルグループがたくさんデビューした。 「テレビを見てびっくりしたことは1度や2度ではない。本当に優れた実力を持つグループばかりだ。男性5人組グループのMY NAME(マイネーム)のセヨンとは高校で友だちだったが、放送局で会ったときにデビュー祝ってくれた。ダンスの息がぴったりで、よく準備ができているグループだと思った。男性6人組グループのBOYFRIEND(ボーイフレンド)の初々しい感じも良かった。自分たちがデビューした時が思い出された」(カラム) --ライバル格のグループは。 「どのグループも全てライバルで驚異に感じている。日本でモニタリングを怠らなかったつもりだが、実力はかなりのものだ。自分たちはそれぞれグループが持つ長所だけをピックアップして勉強した。たくさん学んで練習した」(インジュン) --日本では大ヒットした。 「初シングルがオリコンチャート6位でデビューした。僕たちの中では『まさか嘘だろう』と思って誰も信じていなかった。その後、さらにシングルを2枚リリースしたが、5〜6位圏はキープしている。これまでの成果は信じ難いが、もっともっとがんばりたい。中壮年層までの幅広いファン層を獲得していくのが目標」(ジェイ) --韓国の新人グループが日本活動に力を注いだ理由を知りたい。 「もちろん僕たちも心配だらけだった。でも、他の人が行かない道を開拓することにかなりの欲望があった。大変だと思ったが、僕たちの目標が世界で歌うことなら、ためらう必要はないと思った」(ミカ)

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
イ・ヒョリが突然の“死亡説”に怒り 2011/11/15
財閥の息子と結婚する女優チェ・ジョンユン 2011/11/15
‘逆輸入アイドル’ 大国男児、「日本の次は韓国だ」(2) 2011/11/15
‘逆輸入アイドル’ 大国男児、「日本の次は韓国だ」(1) 2011/11/15
イ・ダヘ、ヌードトーンワンピースで女優オーラ発散! 2011/11/15
ジュヨンとナナ、“マネキンボディー”で日本のランウェイを占領 2011/11/15
キム・ヒョンジュンの限定版ミニアルバム、予約殺到でサーバーダウン 2011/11/14