[芸能] 韓国版「オーシャンズ11」?…映画「泥棒たち」の超豪華キャスティングが話題

2011/03/22 18:23:00

「イカサマ師」「田禹治」のチェ・ドンフン監督の超豪華キャスティングプロジェクト映画の「泥棒たち(仮題)」が、登場人物の異色のネーミングで目を引いている。 今年下半期の期待作「泥棒たち」には、キム・ユンソク、イ・ジョンジェ、キム・ヘス、チョン・ジヒョンなど、近年まれに見る豪華なキャスティングが完成した。これまでの作品で興行性と作品性が認められたチェ監督の力量に、トップスターらが信頼を送ったものと解釈できる。 ところで、キャスティングよりもさらに注目すべきなのは登場人物の風変わりな名前だ。映画を見なかったとしても、名前だけでキャラクターを想像させるニックネームに好奇心をかきたてられる。 キム・ユンソクは「マカオ・パク」。マカオの賭博でひと晩で88億ウォン(約6億円)を儲けたという伝説のためにつけられた。犯罪を設計して指揮する人物だ。キム・ヘスは「ペプシ」で、手に触れるものは何でも自分のものにするという金庫荒し犯。某炭酸飲料のCMで、栓を開ける時の音が聞こえてきそうだ。イ・ジョンジェは「ポパイ」だ。ワイヤー・セッティングの専門家で、マカオ・パクに隠れた敵対心を持っている。このニックネームのような筋肉質の体も見せてくれそうだ。チョン・ジヒョンは「エニーコール」だ。犯罪がある所ならどこでも駆け付けるという意味で、網渡り専門犯だ。その他「シプドンゴム(噛んでいたガム)」キム・ヘスク、「アンドリュー」オ・ダルス、「ザンパノ(悪漢)」キム・スヒョンら新旧世代の調和が目立つ。 同作は少しのミスも許さない5人のプロ泥棒が、かつてのボスであるマカオ・パクから甘美なオファーを受けて中国の4人組の泥棒たちとともにマカオのカジノに隠されているダイアモンド「太陽の涙」を盗み出すという物語を描いている。5月にクランクインの予定。

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
KARAのギュリがラジオDJ復帰…化粧っけのない顔を公開 2011/03/23
【写真】ソン・へギョにもこんな時代が? 過去のぽっちゃり写真が話題 2011/03/22
CNBLUEチョン・ヨンファ、「少女時代ソヒョンがカムバック応援してくれた」 2011/03/22
韓国版「オーシャンズ11」?…映画「泥棒たち」の超豪華キャスティングが話題 2011/03/22
ユン・ウネ、破格的な露出写真を公開 2011/03/22
チョン・ウソン、「気になる人」イ・ジアとの熱愛説を認める 2011/03/22
キム・ユナ、14年前の写真公開「野暮ったいけど魅力ある」 2011/03/21