[芸能] 歌詞に酒が入れば有害媒体? SMが提訴

2011/03/11 22:59:00

SMエンターテイメント(以下、SM)が所属グループS.M.ザ・バラードの音盤が青少年有害媒体判定を受けたことをめぐり、訴訟を起こした。 SM側は9日、「女性家族部がS.M.ザ・バラードの曲『明日は…』の歌詞に酒に関する内容があるとして、この曲が収録された音盤を青少年有害媒体物に指定した。 この決定を受け入れることができず、8日に訴訟を起こした」と述べた。 続いて「曲全体の意味を考えず、特定の単語に限った決定が一般化された場合、創作と表現の自由を阻害する余地がある」と主張した。 女性家族部は1月、「明日は…」の「酒に酔ってお前のことを考えないように」「酒に酔って眠れば夢を見る」などの歌詞が青少年に否定的な影響を及ぼすという理由で、この曲が収録された音盤を「青少年有害媒体物」とした。 「青少年有害媒体物」の決定を受けた音盤は青少年保護法に基づき「19歳未満販売禁止」というステッカーを付けて販売しなければならない。 また音楽サイトに配布したり、放送活動や公演に使用する場合、指摘された部分の歌詞を修正しなければならない。 午後10時前には放送できず、有害物警告なく音盤を販売した場合、2年以下の懲役または1000万ウォン(約75万円)以下の罰金となる。

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
KARAの親しげな様子を激写…パク・ギュリは? 2011/03/12
警察「チャンさんの手紙、発信地に細工された痕跡」 2011/03/12
SMアイドル版「ドリームハイ」制作へ 2011/03/11
歌詞に酒が入れば有害媒体? SMが提訴 2011/03/11
歌詞に酒が入れば有害媒体? SMが提訴 2011/03/11
2PM、パフォーマンスで日本の女性アナウンサーをまた魅了 2011/03/11
東方神起、3人脱退後も日本で大人気 2011/03/10