[芸能] 「Wonder Girls、東洋的な魅力が米国で通用した」

2011/01/19 18:38:00

米ニューヨーク・マンハッタン・イースト31番街110番地。2年前、JYPエンターテイメントの米国事務室が開かれたところだ。ここでWonder Girlsの米国進出戦略が打ち出され、米国市場を攻略するための曲と振り付けが準備された。3つのフロアからなるJYPのニューヨーク事務室には練習室・録音室などがあり、10人余りの職員が働いている。 Wonder Girlsが09年、ビルボードシングルチャート76位に入ると、この事務所はさらに忙しくなった。事務室まで訪ねてくる米国ファンも増えた。事務室の隅には米国ファンがWonder Girlsに贈ったプレゼントがたまっている。 イ・ウソクJYP副社長(米国総括、36)は03年から米国進出を準備してきたパク・ジニョン代表の長い間のパートナーだ。バークレー音大を卒業したイ氏は、Wonder Girlsの「Nobody」を作曲・プロデュースし、「Tell me」を編曲したミュージシャンでもある。イ氏は最近、ニューヨークとロサンゼルスを行き来しながら、Wonder Girlsの新しいアルバムの準備に集中している。 Wonder Girlsが米国にデビューしてから1年7カ月。その間、ビルボードシングルチャート76位に上がるなど成果も小さくなかった。しかしイ氏は「今までは練習ゲームにすぎない。Wonder Girlsの本格的な米国舞台は今年から始まる」と語った。 −−米国でWonder Girlsが成果を出した最も大きな原動力は。
「米国のスタイルを追わなかったからだ。東洋人がいくら真似をしても米国の歌手のようにはならない。Wonder Girlsならではの東洋的な魅力を強調するため、英語のアクセントも米国人のようには聞こえないように努めた」 −−最も大きな障壁は。
「やはり言語だ。言語は単なる言葉ではなく文化なので慣れるのに時間がかかる。Wonder Girlsの場合、ライフスタイルを体で覚えるため、英会話とは別に演技の授業を受けたりもした」 −−どれほど軌道に乗ったと評価できるか。
「まだ練習ゲームにすぎない。本当のゲームはWonder GirlsのEPアルバムが出る3−4月ごろ始まる。それまではシングルしかなかった。6−7曲が入る今回のアルバムにはロドニー・ジャーキンス、クラウド・ケリーら米国の有名ミュージシャンが作曲で参加する」 −−米国で7年間活動しながら最も大きく変わった点は。
「韓国の歌手に対する視線だ。最初の挑戦ではほとんどのレコード会社が門戸を開いてくれなかった。しかし最近では先に連絡をしてくるケースも多い。Wonder GirlsのEPアルバムも3大メジャーレコード会社の一つから発売されるだろう」 −−米国がKポップに注目する理由は。
「米国の音盤市場が飽和状態になり、アジア市場に視線を向け始めた。アジア市場で断然リードしているK-POPに注目するのは当然だ。米レコード会社も韓国でヒットすればアジア全体をカバーできることを知っている」 −−ユーチューブなど容易に米国に進出できる道が開かれたが。
「ユーチューブはあくまでも補助手段だ。現地で直接ネットワークを形成し、音盤を発売できてこそ、ファン層も広まり、安定的に活動できる」

©中央日報 / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
KARAの専属契約解除通知、リーダーのパク・ギュリは知らなかった 2011/01/19
専属契約解除通知、KARAも東方神起に続き解体か?…韓流熱風に暗雲 2011/01/19
KARAが所属事務所に契約解除を通知、「人格冒とく耐えられない」 2011/01/19
「Wonder Girls、東洋的な魅力が米国で通用した」 2011/01/19
SECRET、新曲「シャイボーイ」‘小鳥ダンス’流行の兆し 2011/01/19
【写真】チェガン・チャンミン、「今度はドラマに挑戦」 2011/01/19
【写真】ヒョンビン、新型5Gグレンジャー1号車の主人公に 2011/01/19

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top