[芸能] 東方神起インタビュー「沈黙する理由、東方神起を守るため」

2011/01/13 22:04:00

東方神起(ユンホ・チャンミン)がより結束を固めて帰ってきた。5人から2人にメンバー数は減ったがステージは以前よりあふれた感じだ。チーム内不和説をはじめ絶えず議論に包まれ、デビュー以来最も厳しい時期を経験しているが、音楽に向けた情熱と信念だけはだれも彼らをとめられないようだ。2年3カ月ぶりのニューアルバム「なぜ(副題:Keep Your Head Down)」でカムバックしたユンホは、「東方神起ブランドが持つ色を失わず、音楽的に成長した姿を見せたかった。“足りない”という声を聞くまいとステージで全力をつくして歌って踊る」として意志を示した。 ――久しぶりにカムバックした。
「ステージに久しぶりに上がるのでとても緊張すると思ったが、ときめきがより大きかった。(カムバックステージを準備しながら)躁鬱症にかかった人のようにとても楽しくなった」(チャンミン)
「プレッシャーがなかったと言えば嘘だ。だが、幸いにもファンがたくさんきてくれ力を得た。デビューして一度も泣いたことがないのに今回はぐっときた。今回のアルバムに収録された『なぜ』と『マキシマム』の日本語バージョンが26日に日本でデジタルシングルとして発売される。日本でも活発に活動する計画だ」(ユンホ) ――いまは2人でステージに立つ。
「東方神起は5人とファンのみんなの愛が合わさって作られたグループだ。ところが2人だけ出てきて東方神起だというと“2人だけなのに何が東方神起なの?”と話す人もいた。東方神起の音楽的なカラーをなくさないことが重要なようだ」(ユンホ) ――2人でステージに上がった時の気持ちはどうだったか。
「昨年夏にSMタウンコンサートをする時初めてチャンミンと2人だけでステージに上がった。その時多くの人が“ぴったりだ。2人の強力な点がうまく融和している”と言ってくれた。もちろん会社側でも“2人でうまくやれるだろうか”に対し多くの考えがあっただろう。信頼はあるが100%確信がなかった状態だったというか。同じ所属事務所の友人とスタッフ、そしてファンが着実に応援したし、“できるだろう”という自信はますます大きくなった。それとともにプレッシャーも少しずつ減った」(ユンホ) ――2年3カ月の間何をしていたのか。
「旅行をたくさんしたし、考える時間をたくさん持った。地下鉄路線図のとおり歩いてみたこともある。ある路線を選択して出発する駅から終着駅まで3000ウォンと水1本だけを持って歩いた。マネジャーと故郷の友人らと全国一周もした。チャンミンはこないでくれと言ったがチャンミンが出演するドラマ「パラダイス牧場」の撮影現場も訪問した。済州道(チェジュド)だったが非常に美しかった。そのように旅行しながら多くのことを見て感じた。そして教訓を得た。人生は上がる時があれば下がる時もあるということを悟った。以前は(清渓山が一番高いと思って)清渓山(チョンゲサン)の頂上に登ったが、いまは白頭山(ペクトゥサン)が見え始めた。白頭山に行くなら清渓山から下りなければならなくないか。いまこの時期が過ぎればより大きく良い光が見えないだろうか」(ユンホ)
「1年ほど日本で活動し、その後はドラマ『パラダイス牧場』の撮影と東方神起のアルバム作業をした。そして自我省察をした。もともと親しい人々とだけつるむスタイルではあるが、チームの問題がメディア通じて漏れ外に出かけなくなった。私を非正常的な視線でみられるのがいやだった。」(チャンミン) ――前のアルバムと比較して変わった点があるとすれば。
「東方神起の音楽的カラーを維持しようと努力した。以前はメンバーが5人でコーラスが多かったが今回は2人なのでソロボーカルの部分に力を多くいれた。私がベースを担当し、チャンミンが高音を担当した。チャンミンは一度も挑戦したことがないラップにも挑戦した」(ユンホ) ――2人で作業しながら大変な部分も多かったのでは。
「覚えなければならない歌詞が多かった。振りつけも同じだ。また歌う時に呼吸ができる部分がなくなり大変だ」(チャンミン) ――タイトル曲「なぜ」の歌詞がJYJを狙ったという論議が出ているが。
「人々が悲しいバラードを聞く時、“自分の話のようだ”と自身の感情を移入して聞くのと同じ論理だ。もう一度言うがタイトル曲『なぜ』は愛する女に捨てられた男の心を表現した歌だ。歌を聞く人が違う感情を持って聞くならばそのように聞こえるしかない」(チャンミン)
「私たちがこれまで歌った歌の歌詞が『なぜ』と似たスタイルが多かった。ところがなぜ今回の歌は人々が違うように受け止めるのかわからない。いまこの時点でどんな歌を歌っても議論になっただろう」(ユンホ) ――SMエンターテイメント所属芸能人らがツイッターに残した文でもやはりJYJを狙ったという議論があった。
「私たちのために起きたことであるから同じ所属事務所の友人らに申し訳ないと考える。ツイッターに残した文のためにファンがさらに混乱したがその部分が申し訳ない」(ユンホ) ――JYJにしたい話があるか。
「ない」(チャンミン)
「他の言葉はなにも言えないが一言言いたい。元気でね」(ユンホ) ――JYJと連絡はしなかったか。
「(連絡が)来たことがない」(ユンホ) ――5人だけで会おうと提案するならば受け入れる意向があるか。
「メンバーの不和に始まったことでない。会社との立場の違いで始まったことならば、会社側と整理をするのが優先だろう」(チャンミン) ――5人の東方神起で活動した時の良かった思い出は何か。
「全部が幸せだった思い出だ。私たちが音楽を通じて純粋に愛したその思い出はすべて良かった。いろいろなデマと非難で思い出を汚されるのはこれ以上願わない」(ユンホ) ――一度も公式な立場表明をしていないが。
「率直に話をすることもできるが今は言葉を慎みたい。真実を話さないのは東方神起が守られなければならないと考えるためだ。ずっと話せば自分の顔につばを吐くことになるだろう。東方神起というブランドの価値を落としたくない。ファンを困惑させたことは本当に申し訳ない。いつか時間が過ぎれば真実が明らかになるだろう」(ユンホ)
「あれから私もやはりたくさん傷ついた。“私たちは何も間違っていない”という意味ではない。ファンに失望を与えたことに対して本当に遺憾であり申し訳ない」(チャンミン) ――今後またひとつになればどのような話をしたいか。
「そのまま抱きしめるかぶん殴るかの2つにひとつだろう。もしうまく解決されるなら…」(ユンホ) ――これからの活動計画は。
「今年中盤までは国内活動に重点を置くだろう。その後アジアプロモーションを計画している。以前よりさらに活発に活動したい」(ユンホ)

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
【写真】イ・ヒョリの魅惑的なアイライン 2011/01/14
【写真】JYJ「FLL KOREAの広報大使になりました」 2011/01/14
【写真】ウォンビン−ムン・グニョン ベーシックハウスのモデルに 2011/01/14
東方神起インタビュー「沈黙する理由、東方神起を守るため」 2011/01/13
少女時代とKARAが性接待?日本の漫画にネットユーザー憤怒 2011/01/13
【写真】前髪を下ろしたSECRETのソン・ジウン 2011/01/13
【写真】“自体発光”ソン・ジュンギ、日本で新韓流スター立証 2011/01/13

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top