[芸能] 「T-ara」所属事務所の代表が破産申請

2010/12/27 19:17:00

女性グループ「T-ara」と「ダビチ」などが所属する芸能事務所「コアコンテンツメディア」のキム・グァンス代表(49)が10月にソウル中央地裁に個人破産を申請していたことが26日明らかになった。キム代表は、「2000年代半ばにエンターテインメント会社ポイボスの筆頭株主の保証人になり、昨年4月にポイボスが上場廃止されたことで190億ウォン(約13億円)相当の借金を抱え込み、所有する建物2軒が競売にかけられた」と明らかにしたとニューシスが報道した。キム代表は1981年に歌手インスニのマネジャーとして芸能事業に足を踏み入れた後、チョ・ソンモ、sg WANNA BE+、キム・ワンソン、ノ・ヨンシム、ダビチなどのレコードを製作した。

©中央日報 / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
【写真】破格の衣装着たMissAのペイ、完璧な脚線美 2010/12/27
【写真】ソン・スンホンとキム・テヒ、漫画の主人公のよう 2010/12/27
俳優チョン・ジュノ、10歳下の一般女性と交際中 2010/12/27
「T-ara」所属事務所の代表が破産申請 2010/12/27
「ペ・ヨンジュン、普段は温和なイメージでない」…キム・スヒョンが暴露 2010/12/25
東方神起、新譜に100ページ写真…ファンへのサービス 2010/12/25
ジュンス出演ミュージカルのチケット、130万ウォンで取引 2010/12/25