[芸能] 台湾有力紙「韓国アイドルが台湾で100億以上稼いだ」

2010/12/02 0:01:00

広州アジア大会で台湾内の嫌韓議論が広がる中、台湾の有力紙が「韓国アイドルが台湾で今年100億ウォン以上稼いだ。嫌韓流は韓流とは関係ない」と報道した。嫌韓流の拡散がWonder Girlsや少女時代などに対する不買運動に広がったと伝えられる中で、台湾メディアが「韓流はびくともしない」という報道をしたもので目を引く。 中華圏の有力紙「アップルデイリー」は先週末、「韓国の人気グループらが台湾で2億6415万台湾ドル(約100億3500万ウォン、約7億2400万円)を稼いだ。SUPER JUNIOR・少女時代・2PM・Wonder Girls・MissAなど今年台湾を訪問した19チームの韓国グループがコンサートとファンミーティングで莫大な収益を上げた」と伝えた。 記事には各グループが上げた所得まで詳細に明記されている。記事によると最高所得を上げた少女時代は8200万台湾ドル(約30億ウォン)、SUPER JUNIORは6350万台湾ドル(約24億ウォン)を台湾で稼いだ。また同紙は「25日に台北で単独コンサートを開くFTIslandのコンサートチケットはすでに90%以上、7000席が売れた」と伝え、相変らず熱い韓流アイドルの健在を伝えた。さらに、「韓国歌手らのこのような人気は政治・スポーツ問題と関係はなく、当分台湾で韓流の影響力は持続するだろう」とし、韓流の持続可能性について論評まで出した。記事を裏付けるように、先月末に発表された台湾最大音楽チャートのGミュージック総合チャートではSUPER JUNIORが「美人」で6位に入り、アンディ・ラウなど中華圏の人気歌手らと肩を並べた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
ドラマ「アテナ」のチェ・シウォン「T.O.Pとの比較は気にしない」 2010/12/02
【写真】「ウォリアーズ・ウェイ」チャン・ドンゴンの上半身 2010/12/02
【写真】少女時代・f(x)らのカレンダー、熱狂的な関心にサーバダウン 2010/12/02
台湾有力紙「韓国アイドルが台湾で100億以上稼いだ」 2010/12/02
少女時代のユリ、「日本での活動では脚にもメークする」 2010/12/01
兵役不正疑惑のMCモン、警察強圧捜査の犠牲? 2010/12/01
【写真】「アテナ:戦争の女神」のモデルフォース3人 2010/12/01