[芸能] ユチョン「理想のタイプはキム・テヒ、一緒に演技したい」

2010/11/09 18:42:00

KBS(韓国放送公社)2ドラマ「成均館(ソンギュングァン)スキャンダル」(脚本キム・テヒ、演出キム・ウォンソク)で俳優デビューしたパク・ユチョン(24)。 2日の放送終了後、3日間ほど「成均館スキャンダル」の余韻に浸っているような姿だった。 5カ月間の撮影期間、体重が10キロも落ちるほど大変だったというユチョンは「『これが演技か』という感興はしばらく忘れられないようだ」と語った。 −−「成均館スキャンダル」を終えた感想は。
「最後の撮影が終わると、すぐにひどく風邪をひいた。 何も考えられないほどきつかった。 体が回復してから同僚やスタッフとの出会いなど良い思い出が次々と頭に浮かんできた。 胸が熱くなると同時に寂しい感じがした」 −−デビュー作での演技が立派だったという評価だ。
「ドラマの中の父と教授、キム・ガプス先生とキム・ハギュン先生のおかげだ。 キム・ガプス先生は自分の息子に接するように演技の教訓を与えてくれた。 キム・ハギュン先生は撮影開始を控えて1カ月間、ほとんど一緒に暮らしながら、演技のすべてのノウハウを伝授してくれた」 −−1回当たり数百万ウォン(数十万円)の高額演技指導を受けたと聞いたが。
「演技の教習はキム・ハギュン先生から受けた。 1カ月間、毎日3食を一緒にしながら習った。 キム・ハギュン先生は『後輩を教えるのにお金は受け取れない』と話していた。 高額教習というのは誤ったうわさだ」 −−悔いが残る部分はあるか。
「台本を覚えるのに必死だった。 台本をもう少し研究・分析し、自分のスタイルでイ・ソンジュンのキャラクターに活気を吹き込むべきだったという悔いが残っている。 中盤以降はタイトな日程のため、食事をする時間を惜しんで台本を覚えた。 体力的に非常に厳しかった。 体力を失って2度も運ばれたりした。 パク・ミニョンさんと撮影したキスシーンはあまりにも疲労していた状態だったため、最善を尽くすことができなかった。 それでもロマンティックで美しい映像になって幸いだった。 疲労していたのがよかったのかもしれない」 −−パク・ミニョンとの熱愛説が出てきた。
「最初にその話を聞いたときは‘どうして?’と思った。 全く事実でなかったからだ。 しかしそう思われてもしかたがなかったかもしれない。 現場では非常に親しく過ごした。 パク・ミニョンさんには非常にうまく接することができた。 キム・ハギュン先生が『パートナーにうまく接してこそお前の演技が良くなる』と教えてくれていた。 そのために演技をする時は『本当に自分のガールフレンド』という思いにもなった」 −−今後の計画は。
「来年初めまではJYJのメンバーとして歌手活動にまい進する計画だ。 その後はもっと着実に準備して演技活動を続けたい。 来年の後半ごろを考えている」 −−一緒に演技をしてみたい女優は。
「キム・テヒ先輩と一緒にしたい。 キム・テヒ先輩は自分の理想のタイプ。 機会が訪れることを願っている」

©ISPLUS / 中央日報日本語版

タグ
すべて一覧
ハン・ゴウン、キム・ドンウォン監督と2年で決別 2010/11/09
【写真】ホン・スヒョンの“キュート+セクシー”シースルールック写真 2010/11/09
【写真】イ・ジン「愛を実践しています」 2010/11/09
ユチョン「理想のタイプはキム・テヒ、一緒に演技したい」 2010/11/09
KARA、日本でカプセルトイ登場 2010/11/08
KARA、「ジャンピン」で韓日同時リリース 2010/11/08
ハ・ジョンウとキム・ユンソクの「黄海」、公開日確定 2010/11/08