[芸能] イ・ヒョリ、盗作認める…すべての放送活動を中断

2010/06/21 19:36:00

歌手イ・ヒョリ氏(31)が4枚目アルバム「H.logic」の一部の収録曲に対して盗作事実を認め、歌謡・放送活動を中断した。 イ氏は20日午前、公式ファンコミュニティに掲載した文で「4枚目収録曲の中のバヌスバキュームからもらった曲が問題になった。調査の結果、バヌスの物ではないという事実が明らかになった」とし「問題を解決するのに長い時間が必要なようだ。残念だが、歌手活動は一時できなくなるようだ」と明らかにした。 バヌス(本名イ・ジェヨン)は7人で構成された作曲家集団であるバヌスバキュームで活動中の作曲家だ。イギリスで主に活動中であり、イ氏のアルバムには初めて参加した。 4月、イ・ヒョリ4枚目アルバムがリリースされた直後、バヌス側で作曲した「ブリングイットバック」(Bring It Back)「フィール・ザ・セイム」(Feel The Same)「アイムバック」(I'm back)「メモリー」(Memory)「ハウ・ディドゥ・ウィー・ゲット」(How did we get) 「ブランコ」など6曲が盗作の是非に包まれた。 盗作論難が出ると、バヌス側は「6曲とも2008年に作曲したもので、当時レコーディングしたデモテープが流出した」と主張した。イ氏の所属事務所であるMnet Media側も問題提起をしたが、バヌス側はイギリススタジオレコーディング日誌など各種証拠書類を提出した。 しかしMnet Media側は「盗作疑惑が申し立てられた6曲のうち2曲の原作者から(盗作という)返事が来た」とし「(バヌス側の)証拠書類もすべて捏造されたものだった」と説明した。 イ氏が盗作論難で活動を中断したのは2度目だ。2006年にもセカンドアルバム「ゲットヤー」(Get ya)が米国ポップスター、ブリトニー・スピアーズの「ドゥ・サムシン」(Do Something)を盗作したという疑惑が申し立てられ、歌手活動を暫定中断した。 イ氏はこの日は外出を慎んだまま自宅にとどまっていたということだ。Mnet Mediaの関係者は「イ・ヒョリさんが大きな衝撃を受けたようだ」とし「しばらく後続曲の活動はもちろん、当分放送出演もしない」と伝えた。 イ氏はファンコミュニティに掲載した文で「つらく、完璧を期すことができなかったということに対し、自責の念を強く感じている」と心境を明らかにした。Mnet Media側は作曲家バヌスを詐欺の疑いで告訴する方針だ。

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

タグ
すべて一覧
Beastのチャリティーコンサートにフィリピン人ファン熱狂 2010/06/22
チョ・ヒョンジェ、500人余りのファン!歓呼の中堂々と軍除隊「必勝!」 2010/06/21
ジェボム熱い入国現場!9ヶ月ぶりに韓国の地を踏む! 2010/06/21
イ・ヒョリ、盗作認める…すべての放送活動を中断 2010/06/21
ファヨビ「涙を音楽を成熟させるための肥やしに」 2010/06/21
カンイン、来月5日現役入隊…3カ月早く志願 2010/06/21
T-araのヒョミン、「私の彼女は九尾狐」キャスティング 2010/06/21

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top