[芸能] Rainインタビュー2…「米国アルバムリリースは俳優として定着後…」

2010/04/07 0:00:00





  −−今回のアルバムでは直接作詞、作曲に参加した歌も多い。

  「やはり初心に返るという意味だ。見せるものはすべて見せるという覚悟だ。バラエティー番組にも多く出演するつもりだ。ただ活動期間は2カ月にならないようだ。5月に日本のツアーコンサートが予定されているため、5月初めまで国内活動をする。歌詞の内容は大部分経験談だ。どうして愛をするのか、愛で傷を負うのか、僕の経験と周囲の人々を見ながら感じたことを書いた。作曲も同じだ」

  −−最近、歌謡界はアイドル大勢だ。負担はないか。

  「僕は歌謡界の中心だ。アイドルの後輩たちと市場が違う。また僕は遠くを見なければならないと思う。中国などアジア全体と米国などに視野を広げなければならない。アイドルの後輩たちの実力は非常に高い。いつか後輩たちが僕の後を継いでくれよう基盤を磨いておきたい」

  −−新作ドラマに対する話もある。

  「必ずやりたいと思った作品に会った。まだ確定せず言及できないが、とても良い作家と演出者そして女優とともにすることができそうで期待している。9月か10月ごろ放送されるようだ」

  −−直接アルバムをプロデュースし、作曲もするが、音楽的に成長したのはどれか。

  「プロデュースしながら僕にもできると思った。パク・ジニョン先輩と一緒にしていた時は音楽的な部分をパク・ジニョン先輩がしてくれた。独立後、Rainのスタイルは果たして何なのかを悩み、Rainならではの何かを作らなければならないという創作の苦痛を感じた。『Rainism』がその最初の産物だった。たくさんぶつかってけがをしながら成長している感じだ。傷が固まって肉になるよううだ」

  −−米国アルバムリリース時期が延びている。

  「米国は恐ろしい国だ。口先だけで、アルバムを出した後はひどい目に遭う。アジアではドラマを通じて存在を刻印させた後、歌手として成功した。米国市場でも同じやり方をしようと思う。まず俳優としてもうちょっと地位を固めたい。俳優として定着したらアルバムは自然に成功できるものと思う。すべてのものが計画どおり進行できていると思う」





Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

タグ
すべて一覧
キム・ヨナ、トーク番組「黄金漁場」出演へ…引退説語るか? 2010/04/07
ユチョン、俳優に合流… 日本のドラマ主役に 2010/04/07
チャン・グンソク、映画「きみはペット」に主演 2010/04/07
Rainインタビュー2…「米国アルバムリリースは俳優として定着後…」 2010/04/07
Rainインタビュー1…「変化はファンに対する礼儀」 2010/04/06
Wonder Girls、5月に新アルバム世界同時発売 2010/04/06
キム・ナムギルとソウ、映画関係者が選んだ次世代俳優男女1位 2010/04/06