[芸能] 20キロ落とした演技でキム・ミョンミンに栄光

2009/11/09 22:30:00

「私の愛、私のそばに」で主演男優賞と人気賞を受賞したキム・ミョンミン(37)は、この日、授賞式に出席することができなかった。全身がまひしたルー・ゲーリック病患者を演じるために20キロを減量した後遺症で入院中だったからだ。一緒に映画に出演したベテラン俳優のナム・ヌンミが代わりに賞を受けた。ナム・ヌンミは「キム・ミョンミンさんは本当に受賞するに値する。先輩として起立拍手を送りたい」と彼を祝福した。ドラマ「ベートーベンウイルス」の天才コンダクターのカンマエや「白い巨搭」の冷徹な外科医チャン・ジュンヒョク、「不滅の李舜臣」の悩める将軍李舜臣…。作品ごとに100%没頭する演技で自分を捨て、キャラクターを浮上させる彼のこだわりが改めて認められる瞬間だった。 テレビドラマでは「演技の天才」と呼ばれたキム・ミョンミンだったが、実は映画とはあまり縁がなかった。2001年「鳥肌」をはじめとし「リターン」(2007年)、「無防備な都市」(2008年)などで主演を演じたが、大きく注目されることはなかった。今年、大鍾賞主演男優賞が映画で受けた初の演技賞だ。 「君は僕の運命」のパク・ジンピョ監督が演出した「私の愛、私のそばに」は封切り前から話題を集めていた。ルーゲーリック病の患者の闘病記という素材の珍しさ、闘病生活のリアリティを描くために72キロを52キロに落としたキム・ミョンミンの超人的減量のためだった。撮影開始後、毎日徐々に少しずつ体重を落とすという過酷な仕事だった。人生の終わりで真実の愛に出会うが、すぐにも別れなければならないジョンウ役は、彼にとって演技人生最大の挑戦だった。「自分が本気でやらずにどうして観客が本気になって受け入れようか」と自分を極限状況に追い詰めたキム・ミョンミン。彼の苦痛がすなわち観客の楽しみだという点は、皮肉としか言いようがない事実でもある。

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

タグ
すべて一覧
BIGBANG、日本の歌謡祭に出演…賞獲得なるか 2009/11/09
念珠着用のコ・ソヨン、恋人のため改宗? 2009/11/09
大鍾賞映画祭の女優たちのドレス、ベスト&ワースト 2009/11/09
20キロ落とした演技でキム・ミョンミンに栄光 2009/11/09
シン・スンフン、ミニアルバム「LOVE O’clock」12日発表 2009/11/09
大鍾賞、キム・ミョンミンとスエが男女主演賞に 2009/11/09
「イケメンですね」キャラクターグッズ制作へ 2009/11/08

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top