[芸能] 映画「エジャ」のチェ・ガンヒ、釜山方言で完璧に変身

2009/08/11 20:35:00



映画「エジャ」でタイトルロールを引き受けたチェ・ガンヒが釜山(プサン)方言の特訓を受け、釜山女性に変身した。

映画の中で「エジャ」は学生時代、作文と喧嘩の実力で 釜山で有名になった伝説の人物。 ソウル生まれのチェ・ガンヒにとって釜山方言での演技は大きな負担だったが、同時に魅力的な要素でもあった。

母役のキム・ヨンエは釜山出身で、下手な演技をすると叱責を受ける状況だったため、格別な方法が必要だった。 これを支援したのがコメディアンのキム・スク。コーヒー1杯で特別授業を提供したキム・スクは、撮影中には電話相談にまで応じ、チェ・ガンヒを完璧な釜山女性に変えた。 キム・ヨンエも「ガンヒは演技する度に釜山訛りに負担を感じているようだったが、釜山出身の私が見ても今は全く違和感がない」と称賛を惜しまなかった。

チェ・ガンヒの演技はティーザー予告編の公開と同時に話題になった。 ネットユーザーは「完全に別人のようだ」「言葉が自然でおもしろい」「今回の映画で完全にイメージが変わった」などのコメントで映画への期待を表した。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

タグ
すべて一覧
【写真】「韓国のロッキー・バルボア」キム・ボム 2009/08/12
【写真】ジーンズがよく似合う女性ソン・ヘギョ 2009/08/12
‘韓国のSuper Diva’パダが4集アルバムでカムバック 2009/08/11
映画「エジャ」のチェ・ガンヒ、釜山方言で完璧に変身 2009/08/11
映画「国家代表」 全国で観客250万人超える 2009/08/11
ユン・ウネ「私がまさに韓国版ヒルトン」 2009/08/10
BIGBANGのG-DRAGON、ソロ曲「少年よ」を公開 2009/08/10