[芸能] 歌も伸びて背も伸びて…弟のイメージ脱いだSHINee

2009/06/14 18:55:00


  
[写真] ミニアルバム「ロミオ」でカムバックしたアイドルグループのSHINee。
左からオンユ、テミン、ジョンヒョン、ミンホ、Key
  このアイドルは本当に「成長の最中」だ。 オンユ(20)、ジョンヒョン(19)、ミンホ(18)、Key(18)、テミン(16)の5人のメンバーで構成された平均年齢18.2歳のアイドルグループ「SHINee」。 メンバーで最も背が高いミンホは、この1年で3センチも背が伸びた。 一番年下のテミンは今年高校に入学した。

先月25日でデビューからちょうど1年。 背が伸びた分だけ音楽も伸びている。 最近リリースされたミニアルバム「ロミオ」は、“お姉さんはとてもきれい”とささやいていた背伸びしていた弟たちが実は「歌もしっかり歌える」歌手だったという事実を改めて教えてくれた証拠だ。

◆ 流行リードする‘コンテンポラリーバンド’目指す 昨年デビューしたSHINeeのファーストアルバムが「弟」という明確なコンセプトの勝利だったなら、今回のアルバムははるかにモダンで洗練されている。
「常に新しい音楽とパフォーマンスを見せる‘コンテンポラリーバンド’として成長したいです。 今回のアルバムはそんなSHINeeの夢を見せるアルバムだと思います」。 最年長オンユの大人っぽい説明だ。

カムバックと同時にKBSテレビの歌謡番組「ミュージックバンク」で1位になった“ジュリエット”は、東方神起の“呪文−MIROTIC”を書いた外国人作曲家レミーの曲。 2007年に米国の歌手コービン・ブルーが歌った歌のリメイクだ。 歌詞は、「中学生時代から練習生になるために恋愛もしたことがない」ジュンヒョンがオリビア・ハッセー主演の1968年の映画「ロミオとジュリエット」を見て、‘想像力を思い切り発揮して’書いた。   そのほかにも、シンプルなリズムの“おまえが気に入った”から華麗な技巧が目立つ“セニョリータ”まで、魅力あるダンスミュージックがアルバムに収められている。   ◆ 2年目のアイドルが生きる方法 SHINeeはデビュー準備期間を含め2年半をともに過ごしてきた。 宿所には部屋が4つあるが、メンバーは二段ベッドを入れひとつの部屋に集まって寝る。最初はチームワークのため同じ部屋を使い始めたものだが、「もう慣れてしまって不便さは感じない」と口をそろえる。 活動を休んでいた4ヶ月間、まだ高校生の3人は早起きして学校に行かねばならなかった。年下のメンバーたちの様子をみながら、オンユとジュンヒョンは‘歳を取っていることに感謝しながら’朝寝を楽しんだ。

歌手として2年目を迎えた彼らは、この1年を珍しいことの連続だった」と振り返った。 「すごい先輩たち、世界的なアーティストと会うたびに、‘こんな人たちと働けるなんて’と感激でした」(オンユ)。

あまりに早く社会に飛び出したことに対する名残惜しさはないかとの‘愚問’には、すばらしい‘賢答’が返ってきた。 「失ったものもあるが、得たものが多い。 他人よりも早く夢を実現したので楽しくなければね」(Key)、「歌って踊ること、見方によっては‘遊ぶのが職業’だからとてもいいです。 幸せなことだと思います」(ジュンヒョン)。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

タグ
すべて一覧
日本・中国放送の「ソウル広報CM」に韓流スター登場 2009/06/15
【写真】ミュージカル「シャウティング」の出演俳優 2009/06/15
ドラマ「結婚できない男」OSTにシン・ヘソン、ビョルが参加 2009/06/14
歌も伸びて背も伸びて…弟のイメージ脱いだSHINee 2009/06/14
【写真】グループ「4minute」メンバー写真を初公開 2009/06/13
【酔中トーク】カン・ジファン「人生の転換点が来た」 2009/06/13
【WIDE NEWS】 8eight「さようなら、私の愛」ミュージックビデオ撮影現場 2009/06/12

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top