[芸能] 【酔中トーク】カン・ジファン「人生の転換点が来た」

2009/06/13 0:43:00


  


映画「7級公務員」の勢いが止まらない。 話題作が次々と公開されている中、今週末、観客400万人を超える見込みだ。「ウォナンソリ(牛鈴の音の意)」を抜いて 上半期最高のヒット作となった。 この旋風の中心にカン・ジファン(32、本名チョ・テギュ)がいる。映画界は今、この男に注目する人が増えている。

自信に満ちていて、時には生意気にも見えるこの男には、妙な魅力がある。 好奇心も旺盛だ。 6時間で焼酎8本を一緒に飲みながらカン・ジファンという男を探求した。

カン・ジファンを説明する時に欠かせないのが、2005年に放送されたドラマ「がんばれ!クムスン」だ。 40%の視聴率を放送局が放っておくはずはなく、結局3度も延長放送されるほど人気を集めた。もちろんカン・ジファンも注目を浴びた。

しかし、常に良かったわけではない。 03年のドラマデビュー作「夏の香り」では、ハン・ジヘのボーイフレンドとして端役で出演し、「知ることになるさ」は放送局との不公正契約問題のため途中下車した。 「花よりも美しく」では、コ・ドゥシムの死んだ息子役にステッカー写真でのみ出演するという経験もした。
マネジャーと、「他の人はエレベーターに乗っているのになぜ俺たちは歩いて上るのか」と愚痴をこぼしていたが、カン・ジファンにも徐々に光が当たり始めた。 「京城スキャンダル」と「快刀 洪吉童」が日本でヒットしたことで韓流スターに仲間入りし、免税店のモデルにもなった。

2本の映画「訪問者」、「映画は映画だ」も期待以上の成果を収めた。 カン・ジファンは、「30歳まで頑張って、だめならあきらめようと思っていたが、嘘のように29歳に転換点が来た」と語った。

−−30歳で引退したら何をするつもりだったのか。
「デザインの勉強を続けるか、何か店をしていたと思う。 1男1女の長男で、結婚もしなければならないが、経済的に無能にはなりたくなかった」

−−「X−MEN」、「サースト(原題:コウモリ)」、「スタートレック」などを上回った感想は。
「運が良かったというのは接待用のコメントで、気分が良かった(笑)。 競争作が出てくる度に気になり、毎週木曜日の早朝に全部見た。 『X−MEN』を見てキム・ハヌルに電話をし、『大丈夫だ。勝てそうだ』と話した。 『サースト』もターゲット層が異なったため有利に作用したようだ。 米国の配給会社が、『7級公務員』とは一体どういう映画か、という話をしていたと聞いて痛快だった」

−−今回、駅で広報するというアイデアを出し、済州島まで舞台あいさつに行ったようだが。
「他の人がする方法はなぜか気に入らない。 自分だけのユニークな方法でしたくて、駅で‘7公大ヒット’のピケットを持って市民と会った。 最初は恥ずかしかったが、免疫ができた(笑)。 次は鬱陵島(ウルルンド)や莞島(ワンド)にプロジェクターを持って行って映画を上映するイベントをしてみたい」    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

タグ
すべて一覧
ドラマ「結婚できない男」OSTにシン・ヘソン、ビョルが参加 2009/06/14
歌も伸びて背も伸びて…弟のイメージ脱いだSHINee 2009/06/14
【写真】グループ「4minute」メンバー写真を初公開 2009/06/13
【酔中トーク】カン・ジファン「人生の転換点が来た」 2009/06/13
【WIDE NEWS】 8eight「さようなら、私の愛」ミュージックビデオ撮影現場 2009/06/12
キム・ユンソク主演「亀が走る」、英語字幕スーパー付きで上映 2009/06/12
ハン・ヘジン、SBS新時代劇「済衆院」で女医に 2009/06/12

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top