[芸能] 俳優ユン・テヨン「大企業副会長の息子? 底辺からはい上がってきた」

2009/05/15 21:05:00


    


野球で言えば中間リリーフから先発陣に合流したことになる。
デビュー13年、目立つほどの剛速球(彫りの深いスタイル)も、多彩な変化球(多彩な変身)も備えていない方だった。 前作『太王四神記』で見せた印象深い制球力(キャラクター密着)のおかげで得た初の先発(主演)登板。 俳優ユン・テヨン(35)にとってそれは、「9回裏まで責任を持つという、これまでと同じ気持ちのレースなだけ」だ。


◆男の夢‘カササギ’役に幸せ◆ ユン・テヨンの初主演となるドラマ『2009 外人球団』は、空前のヒットを記録したイ・ヒョンセの漫画『恐怖の外人球団』(1983)が原作だ。 
当代のジェームス・ディーン、チェ・ジェソンが主演した同名の映画(1986)を、ユン・テヨンも普通の少年たちのようにわくわくして見た。 ‘カッチ(=カササギ)’として出演依頼が来たとき、二度考えることなく承諾したほどに魅力的な‘男のロマン’だ。 4回まで放映されたいま、原作の現代的再構成による好き嫌いはあるが、とがったカササギのような頭に孤独な憤怒を込めるユン・テヨンのまなざしは合格だと評価を受けている。

13日に水原野球場の撮影現場で会ったユン・テヨンは、「反抗児のカササギを演じるにはやや老練ではないか」との質問に、「2年間1つの作品に専念できる俳優は多くない」と笑わせた。 「『太王四神記』のときは3年、この作品では2年にすべてを賭けています。 演技者なら代役なしで自分の役に忠実でなければとの思いから準備期間が長くかかる方なので」。

今回の作品のためにも、1年余りかけて投球フォームから訓練した。  ドラマで、カササギが負傷で右腕から左腕投手に変えようとするため両腕を使わなくてはならなかった。 最も大変だったシーンも、手錠をかけて原っぱを引きずり回される‘地獄の訓練’ではなく、野球のシーンを選んだ。 多角度からカメラで撮影する間、数時間にわたり静止動作を繰り返さなければならなかったためだ。


◆底辺からはい上がってきた◆ カササギ、マ・ドンタク(パク・ソンミン)とオムジ(キム・ミンジョン)、ヒョンジ(ソン・アヨン)姉妹の四角関係に照明を当てるのに初盤を使った『2009 外人球団』は、今後地獄の訓練が始まるなど本格的なレースを開始する。 
‘狂気と執着があふれる自分だけのカササギ’ももうすぐ始まる。

ユン・テヨンには、米国留学派、大企業副会長の息子というレッテルがつきまとう。 「『外人球団』のハングリー精神を見せるには恵まれすぎではないか」と尋ねた。 ユン・テヨンは上気した表情で答えた。 「演技者としては落伍者と変わらない底辺からはい上がってきた。 死ぬほど演技し、それで評価を受けられればいいです」。 ユン・テヨンはドラマの中のカササギのように孤独で強く見えた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate

タグ
すべて一覧
日本で100億ウォン売上のシン・スンフン「歌で国威宣揚」 2009/05/17
Loveholics、シン・ミナとともにアルバムをリリース 2009/05/17
靴デザイナーに変身のハン・ジヘ、歌手にも挑戦状 2009/05/15
俳優ユン・テヨン「大企業副会長の息子? 底辺からはい上がってきた」 2009/05/15
ペ・ヨンジュンさん、芸能人株式長者1位に 2009/05/15
「花より男子」の俳優、台湾児童のためのチャリティーイベントに出席 2009/05/15
28日に結婚するソン・ユナ、次回作は「ウェディングドレス」 2009/05/15

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top