[芸能] チョ・インソン、入隊前最後のファンミーティングで涙

2009/03/25 21:49:00


 


来る4月6日 空軍に入隊するチョ・インソンが、ファンたちとの最後の出会いを持った。 去る22日、広津区船着場アートセンターで、700人余りのファンたちと気楽で素直な姿で会い、忘れられない時間を過ごした。   ‘Zoinsung Memories...’というタイトルで開かれた今回のイベントは、チョ・インソンの友人キム・キバンが司会をつとめて、去る3月3日と5日に開いた日本ファンミーティングに続き、再び友情を誇示した。   チョ・インソンは、グループ‘熱いじゃがいも’の“思い”を歌いながら熱い歓呼の中登場、甘い歌声を精一杯披露した。 彼は、「今日この場が、皆さんと僕が楽しめる安らかな時間になったらと思う」として、最初の挨拶をした。 続けて、入隊前最後のファンミーティングなだけにより率直で温かい話を交わして、ファンたちが選んだ最高の作品と名ゼリフや自身の魅力と短所を知る時間を設けて、才能ある話術で和気あいあいとした雰囲気をつくった。   また、キバンと共に映画『Once』のOST “Falling Slowly”を歌って雰囲気を更に高めた後、入隊に対する素直な心境を伝えた。 彼は、「(入隊まで)2週程残っているが、正直まだ実感がわかない。 ただ一日も早く入隊したいという気持ち。 入隊日を待ちながら軍での生活はどんなものだろうかと考える事の方がむしろ苦痛な気がする(笑) ワクワクもするし怖くもあるが、一生懸命やり遂げようと思う」と話した。 また、入隊前の2週間で何をするのかという質問には、「家族や知人と共に色々な話をしながら過ごす予定。 入隊したら、そういった時間がすごく懐かしくなりそうだ」と、残念な気持ちを伝えた。   今回のイベントにはチョ・インソンの知人たちが参加して、より意味深い場となった。 8年間チョ・インソンの強力な支援者になってくれているという演技の先生と、10年以上友情を築いてきた‘チョンホ洞の友人たち’がステージの上に上がって、チョ・インソンと共に愉快な時間を過ごした。 特に、この日の司会者でありチョ・インソンの親友でもあるキム・キバンは、イベントの終盤で友情に満ちた涙を流して、チョ・インソンはもちろん、ファンたちの目頭をも熱くした。   この日のハイライトは、ステージを輝かせた知人たちとファンたちからのビデオレターであった。 知人たちの温かい心と淋しさが込められた別れの挨拶と、ファンたちからの真心のこもったビデオレターは、会場全体をジーンとさせた。 チョ・インソンはこれに応えて、ソン・シギョンの“二人”とバービーキムの“松の木”を熱唱した。 歌っている途中、涙を流してしばらく声を出せなかったチョ・インソンの姿に、イベント会場は感動と悲しみから涙の海と化した。   最後にチョ・インソンは、「悲しい終わり方はしたくなかったが、自然に感激してしまうのはどうしようもなかった。今日共にした3時間余りの間、僕と愛を交し合った皆さんと一緒に過ごせてとても気持ちが穏やかだったし幸せだった。 2年間、僕が次期作の準備に入ったと思ってほしい(笑)。 2年後は、僕の力の原動力である皆さんがいるので、またやりたい作品に邁進する姿をお見せできるようにする」と話した。   また、「今僕が好きな歌である“私は幸せな人”が頭に浮かぶ。 ‘この世界で 誰が羨ましいでしょうか。 私は幸せな人’という歌詞が、今の僕の心だと思う。 素敵な思い出を残して行く。 2年間行ってきます。貴重な時間を作ってくれて本当に感謝する。 気をつけて帰って下さい。 ありがとう」として、ファンミーティングを終えた。   一方、チョ・インソンは、来る4月6日 晉州空軍教育司令部に入所して、6週間の基礎軍事訓練を受けた後、空軍軍楽兵として軍服務に臨む予定だ。      

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate

タグ
すべて一覧
G-DRAGONプロデュースの女性BIGBANG、明日デジタルシングル公開 2009/03/26
イ・ジュンギ、自身二度目のコンサート開催 2009/03/26
新人チョンリム、ペ・ヨンジュンに一番最初にデビューアルバムをプレゼント 2009/03/26
チョ・インソン、入隊前最後のファンミーティングで涙 2009/03/25
ソン・ダムビ、新曲のティーザー映像第3弾を公開し 活動開始 2009/03/25
キム・ソナ、新作「シティーホール」クランクイン 2009/03/25
‘ノウル’のカン・ギュンソン、4月9日に軍入隊 2009/03/24