[芸能] SS501のパク・ジョンミン、ミュージカル「グリース」で演技好評

2009/02/19 2:14:00


  

  ミュージカル『グリース』の公演を終えて舞台から下りてきたSS501のメンバーパク・ジョンミン(22)には、アイドルグループのメンバーという印象が全く無かった。  このミュージカルで、主人公であるプレイボーイ‘デニ’役を担ったパク・ジョンミンは、いつのまにか‘男’になって観客に会っていた。   パク・ジョンミンは、初めての役者デビュー舞台とは感じられないほど、見事な演技をした。 男性らしいが 自身が愛する女性の前では限りなく優しくなる‘デニ’を、まるで自身の分身かのように演じきった。 公演関係者たちも、期待以上の活躍を見せたパク・ジョンミンに満足感を見せている。週末の公演はほぼ売り切れの状態が続いており、日本のファンたちも訪れている。   去る15日の公演後にも、パク・ジョンミンは息つく暇なく日本のファンたちと会った。 日本から彼の公演を見るために飛んできた30人余りのファンたちが、プレゼントと共に応援のメッセージを伝えた。 日本のファンたちは、毎週ツアーを組んで 30〜40人ずつ公演会場を訪れる。 パク・ジョンミンは、韓国まで来てミュージカルを見る日本ファンたちのために、毎週公演後に小さなファンミーティングを開いている。   パク・ジョンミンには、既にいくつかのミュージカルのオファーが入ってきている状態だが、下半期に予定されているSS501の活動のために、ミュージカルの舞台にまた立つのは難しい。 パク・ジョンミンは、「ミュージカルは魅力がある。毎回観客たちと会うので情熱が沸く。 グループ活動のために、下半期にはミュージカルの舞台に立つことができない」と、残念な心を伝えた。   ミュージカル『グリース』の振りつけは激しい。アイドルスターとして数多くのダンス曲をステージ上で見せてきたパク・ジョンミンだが、ミュージカルの舞台は簡単ではなかった。 その上、4〜5cmのヒールのブーツを履いて踊るため、膝への負担が大きい。 パク・ジョンミンは、「腰と脚、膝など、全身がズキズキと痛む。休みにはリハビリ治療センターで治療を受ける」と明かした。   現在SS501は別々に活動をして、各自の分野で最高の成績をおさめている。 キム・ヒョンジュンは、KBSドラマ『花より男子』の‘ユン・ジフ’役で人気を得ており、キム・ヒョンジュン、キム・キュジョン、ホ・ヨンセンは、SS501プロジェクトグループの活動で各種チャートの上位を占めている。 パク・ジョンミンは、「このような個別活動が、下半期のグループ活動に大きな助けになると思う。 SS501の成熟した姿に期待してほしい」と話した。   パク・ジョンミンは、昨年11月21日から『グリース』の舞台に立った。 この公演は、来る3月1日まで ソウル・広津区船着場アートセンターで行われる。    


Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate

タグ
すべて一覧
イ・ヒョヌ、ウェディング写真で 13才年下の新婦を初公開 2009/02/19
‘マンデーキッズ’イ・ジンソン、ソロアルバムで活動開始 2009/02/19
カン・ジファン、日韓合作ドラマでイ・ジアの相手役にキャスティング 2009/02/19
SS501のパク・ジョンミン、ミュージカル「グリース」で演技好評 2009/02/19
キム・ゴンモ、「好きな酒も減らし 新人の気持ちでツアー準備中です」 2009/02/19
「いかさま師〜タチャ」のチャン・ヒョク、映画でソン・ユリと共演へ 2009/02/18
チャ・スンウォン、「シティホール」に主演キャスティング 2009/02/18