[芸能] アジアで人気のU-KISS、「しばらくは韓国で活動する」

2009/02/05 23:46:00




  多国籍6人組グループ‘U-KISS’が、アジア舞台で人気を呼んでいる。 去る3日、セカンドミニアルバムを出して、タイトル曲“君が好き”で活動を始めたU-KISSは、最近ノーカットニュースとのインタビューで、デビュー後の海外活動で得た多国籍な人気について語った。   昨年“子供じゃない”でデビューしたU-KISSは これまで、他のアイドルグループとは違って海外活動に焦点を合わせてきた。 同じ所属事務所に属するグループ‘PARAN’のアジアツアーにも参加し、日本とシンガポールでプロモーション活動をした。 その結果、昨年開かれた‘アジアソングフェスティバル’で、新人賞を受賞することもした。   U-KISSは、現在タイ、日本、中国、シンガポール、マレーシアなどにファンクラブがあり、先日 反政府デモのために訪問が失敗に終わったタイで、MTVインターナショナルチャートの1位に上がることもした。 外国での人気の秘訣を尋ねると、メンバーシン・スヒョンは、「外国ファンたちと直接コミュニケーションがとれるので、僕たちがより身近に感じられるようだ」と答えた。   メンバーの半分が外国で育ったため、中国語、英語、ポルトガル語など様々な言語を駆使できて、アジア各地で愛されているのだ。 末っ子シン・ドンホは中国で勉強をしたし、ケビンとイライは米国で生まれ、イライは 2005年に中国でも勉強をした。 またアレクサンダーはマカオで生まれて米国で勉強をした。中国語、ポルトガル語、英語も出来る他、母親が韓国人のため、韓国語でもコミュニケーションが可能だ。   様々な国を行き来しながら活動をしていると、国ごとに異なるファンたちの姿に戸惑う時もあるという。 メンバーシン・ドンホは、「日本で公演をした時、韓国とは違って観客たちが無表情で座っていて、すごく落ち込んだ。 だが公演が終わった途端、歓声を送ってくれた」として、「後で関係者の人に、日本のファンたちは、歌を全て聞いて 良ければ反応をするという話を聞いて嬉しかった」と話した。   アジアスターU-KISSは、しばらくの間 韓国での活動に専念する計画だ。 海外に比べて、韓国での認知度がまだ低いという判断からだ。シン・スヒョンは、「1集活動と海外活動を通して、ステージマナーとライブでの実力など、多くのことを学んだ」として、「これまでは準備運動だったと思って、これからはもっと一生懸命頑張るU-KISSの姿を見せる」と覚悟を固めた。    

Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate

タグ
すべて一覧
リュ・シウォン、2009年も日韓両国でフル活動 2009/02/06
sg WANNA BE+のイ・ソクフン、ソロ活動スタート 2009/02/06
観客が審査する‘マックスムービー映画賞’、主演男優賞はチャ・テヒョンに 2009/02/06
アジアで人気のU-KISS、「しばらくは韓国で活動する」 2009/02/05
タブロ&カン・ヘジョン 「私たち付き合ってます」 2009/02/05
イ・ダヘが所属事務所移籍、Rain&ヨン・ジョンフンとファミリーに 2009/02/05
‘2AM’メンバー 2人がデジタルシングル発売 2009/02/05

K-POP、韓国ドラマ、韓国エンタメ情報など、韓流の全てがMnetで楽しめます top