[K-POP] T-ARA ヒョミン 日本映画初主演、「嬉しい気持ちと同時に負担感も」

[スポーツソウルドットコム|キム・ガヨン記者]

T-ARAのヒョミンが映画「ジンクス」で主演を務めた感想を明らかにした。

ヒョミンは10日、ソウル・江南区(カンナム・グ)のメガボックスCOEXで開かれた映画「ジンクス」(監督:熊澤尚人)のマスコミ試写会で、「最初は嬉しい気持ちだけだった。映画に挑戦したかった。メローに挑戦したい気持ちが大きかった」とし、「しかし、その一方では主演という言葉が負担になった。T-ARAメンバーの中で初めて日本の作品を通じて観客と会うことなので、さらに負担を感じた」と打ち明けた。

熊澤監督はヒョミンをキャスティングした理由について、「本当にきれいだ」とし、「ヒョミンは韓国でも活発に活動していた。関連映像をいくつか見て、彼女に会っては直接演技をさせたりもした。いろいろのことを考えてキャスティングを決定したが、何よりも誠実な姿勢が最も良かった」と付け加えた。

映画「ジンクス」は日本を舞台に、韓国からきた留学生ジホ(ヒョミン)がとりもつ若い男女の初恋を描いた恋愛映画。日本と韓国の恋愛に関するジンクスの違いが取り上げられている先品で、ヒョミンと清水くるみとの共演で関心を集めた。ヒョミンはこの映画で日本映画初主演を引き受けた。同映画は13日、韓国より公開される。

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

本日(7日)公開『スノーピアサー』、ポン・ジュノ監督のインタビュー

[ソチ2014] EXO x WINNERの応援メッセージ、「韓国を輝いてください!」

[REPORT] Secret、1年6か月ぶりのシングル「I Do I Do ~愛の魔法~」発売記念イベントが開催!

東方神起 チャンミン主演ドラマ「Mimi」、メイキング映像を公開



copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 02月 10日 06:15