[K-POP] 【演技大賞】今は女優時代!キム・ヘス、イ・ボヨン、ハ・ジウォン大賞受賞

[スポーツソウルドットコムㅣキム・ハンナ記者]地上波3社の年末「演技大賞」が全て女優の懐に抱かれ、お茶の間での女性の勢いを証明した。その主人公はKBS「職場の神」キム・ヘス、SBS「君の声が聞こえる」イ・ボヨン、MBC「奇皇后」ハ・ジウォン。 キム・ヘスは31日、「KBS演技大賞」で大賞受賞の栄誉を抱いた。去る2003年「チャン・ヒビン」で大賞を受けた以来、10年ぶりに再び喜びを享受したこと。彼女は1996年でもMBC「演技大賞」の大賞を受けたことがあり、これにより、大賞3つを受けた女優という記録も立てることになった。「職場の神」でキム・ヘスは硬いしゃべり方をうまく表現して、好評を受けた。キム・ヘスは、「同ドラマは久しぶりに選択したドラマで、無謀なことができるように勇気を出した」とし「それだけに新鮮だったし、特別に作ってくれた方々がいた。コラボレーションということを作品を通して学んだ」と感想を語った。続いて、「愉快しながらも、非正規職と正規職の階層を扱うドラマで意味があった」とし「一緒にした照明監督が高校1年生の時にも一緒に働いていた監督だった。喜寿を越えた年齢にも模範的な姿を見せて、また元気におられて感謝している」と付け加えた。 イ・ボヨンはこの日、「SBS演技大賞」で、最初の大賞トロフィーを握って感激の涙を流した。彼女は、大賞と一緒にPD賞、10代スター賞まで3冠を達成する喜びを享受した。「君の声が聞こえる」で国選弁護士チャン・へソン役を引き受けたイ・ボヨンは、安定した演技と年下の男イ・ジョンソクと息を合わせ、高い視聴率を牽引した。イ・ボヨンは「演技を始めてから、大賞を受けることができるとは考えてなかった。今回は良いドラマに会って少し期待した」とし、「『君の声が聞こえる』は、“視聴率がよくて幸せなドラマ”ではなかった」と涙をこぼした。彼女は「夫のチソンが、“前に進んでいくためには『君の声が聞こえる』を忘れて”と言った。しかしそうすることができないようだ」とドラマと夫のチソンに対する愛情を同時に表わした。 ハ・ジウォンは一日早い30日、最初の火ぶたを切った「MBC演技大賞」で大賞トロフィーを抱いた。放送3社のPDが選んだ今年の演技者賞、人気賞まで受賞して3冠王を占めた。特に、彼女は去る2006年「ファン・ジニ」でKBS演技大賞を受け、時代劇だけで2つの大賞を受賞する記録を立てた。彼女は「奇皇后」で序盤カリスマあふれる姿を見せたなら、だんだん純正を持つ女性の姿を見せ、立体的なキャラクターを描き出した。「奇皇后」は20%に迫る視聴率を記録している。ハ・ジウォンは「今この瞬間、賞が重い。この賞をもらって、もっとたくさんのことを抱ける女優になっていく」とし、「この世界の多くの人々の話をすることができる大きな女優になるよう、努力する」と所感を明らかにした。これで、地上波3社演技大賞で、女優たちが大賞を総なめした。強まった女性の勢いがどのような相乗効果を生み出すのかに期待が集まる。[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]東方神起、7thアルバム「TENSE」のメドレー映像を公開!3年9ヶ月ぶりカムバックRAIN!6thアルバムリード曲『30SEXY』予告写真を公開パク・シフ、復帰作は中国映画「香り」!撮影のために29日出国 「SBS歌謡大祭典」 34チームが繰り広げる音楽の奇跡(総合)

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 01月 01日 00:45