[K-POP] SHINee、日本で22万人観客動員!2番目のアリーナツアー“大成功”

SHINeeがクリスマスを熱くさせた東京公演を最後に日本での二番目のアリーナツアーを成功的に終えた。

今年6月28日のさいたまスーパーアリーナ公演を皮切りに大阪、新潟、北海道、神戸、広島、福岡、名古屋、東京などで大盛況のうちに繰り広げたSHINeeの第二のアリーナツアー「JAPAN ARENA TOUR SHINee WORLD 2013~Boys Meet U~」は、全国9都市15回公演に22万人の観客を動員して日本国内でのSHINeeの人気を再び確認させた。今回のツアーのフィナーレを飾った東京公演は、24〜25日に代々木競技場第1体育館で繰り広げられ、SHINeeの優れたライブと圧倒的なパフォーマンス、派手な舞台演出が調和を成した幻想的な公演で二日間2万4000人の爆発的な反応をを得た。




日本での1stフルアルバムの曲『Stranger』で公演を始めたSHINeeは、リード曲『Breaking News』をはじめ、『I'm with you』、『KissYo』、『BURNING UP!』などと、日本での2ndアルバムの『JULIETTE』、『Replay』、『LUCIFER』、『START』などを相次いで披露した。さらに『Boys Meet U』、『3 2 1』、『Colors of the season』などのシングル発表曲まで披露して2時間30分で合計30曲をファンにプレゼントした。SHINeeの多彩な音楽色と魅力に会うことができる完璧な舞台に観客の歓声が絶えなかった。
特に、米国のビルボードが2013年最高の振付として挙げた韓国でのヒット曲『Everybody』の日本語版の舞台も初めて公開し、人目を引いた。『Dazzling Girl』の舞台では、クリスマスを迎えてメンバー全員がサンタクロースでサプライズ変身して躍動的なパフォーマンスをプレゼントするなど、より特別なステージで公演会場の熱気をさらに熱くさせた。




SHINeeは「私たちの音楽を愛してくださる方々がこんなにたくさんいらっしゃるなんて、本当に嬉しいです。ツアーの最後の公演なので緊張したりしましたが、熱い歓呼を送っていただいて感謝します。また、みなさんのきれいな笑顔を見ることができて幸せでした」と感想を伝えた
一方、SHINeeは、来る27日に開かれるKBS2TVの「歌謡大祝祭」をはじめ、29日SBSの「歌謡大戦」、31日MBCの「歌謡大祭戦」など様々な年末歌謡祭に出演しながら2013年の活動を終える予定だ。
パク・ヒョシル記者
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

[SSphotoストーリー] A Pink&Nine Muses&Girl\'s Dayのクリスマスの挨拶!

ペ・ヨンジュンの彼女は財閥LGの令嬢!?

[SSシネ] 映画「容疑者」徹底分析!「コンユを再発見できるアクション映画」

キム・ヒョンジュンの恋愛観は?「ガールフレンドに集中する」


copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2013年 12月 26日 02:43