[K-POP] [独占] T-ARA ソヨン♥オ・ジョンヒョク、3年間交際中…噂は事実だった!

[スポーツソウルドットコム|イ・セロム、パク・ソヨン記者] “噂は事実だった!”click-B出身の歌手であり俳優としても活動しているオ・ジョンヒョク(30)と、ガールズグループT-ARAのメンバー・ソヨン(26)が、3年間も交際を続けていることが分かった。噂だけで広まっていた二人の熱愛は、<スポーツソウルドットコム>の取材で明らかになった。一部ファンの間では交際のことが事実化されているほど、長い交際期間を経てた二人は、韓国の若いカップルの最大ピンチとも言われる“軍隊”の時間を賢く克服し、交際1000日を越したそうだ。韓国軍の中で最も厳しいと言われている海兵隊の捜索隊出身で、最後の訓練を受けるため除隊日まで自から延長した“本物の男”オ・ジョンヒョク。そんな“彼”のことを黙々と待ちながら心から応援してきた“彼女”ソヨン。この新旧アイドルの熱愛事実に、韓国の芸能界は再びピンク色の騒ぎが始まった。





♥付き合ってから1000日! 先日23日、二人は交際1000日を記念して、Sechs Kies(ジェクスキス・1997年にデビューした6人組のボーイズグループ)出身のチャン・スウォン(33)などの知人らとともに過ごした。ソウル・江南区(カンナム・グ)論峴洞(ノンヒョン・ドン)でサムギョプサルを食べた一行は、その後カフェに寄ってみんなで“交際1000日パーティー”を開いた。記念ケーキや華麗なイベントなどはなかったが、オ・ジョンヒョクとソヨンは、意味のある記念日を送った。

この日<スポーツソウルドットコム>のカメラが捉えた二人は、3年も付き合っているカップルというより、まだまだ初々しい甘いカップルの面貌をみせた。ジョンヒョクは終始男らしくソヨンをリードして、ソヨンは愛嬌あふれるガールフレンドとして一貫した。ジョンヒョクは自分を見つめるソヨンが愛くるしいらしく、彼女の顔をなでたりしていて、ソヨンは終始スキンシップをしながら愛情を表現した。




ソヨンは小さい頃からclick-B(1999年デビューした7人組のボーイズバンド、オ・ジョンヒョクは当時ヴォーカルを担当)の熱血ファンだったそうだ。彼女は2010年11月、KBS2TV「スターゴールデンベル」に出演し、「click-Bさんに初めて寮ができたそうです。お祝いしたくて今まで貯めてきたお小遣いで、オレンジ色のソファーをプレゼントしました」と自から“熱血ファン”であることを明かした。このコメントにオ・ジョンヒョクは、「最近のアイドルさんたちは、僕のことはきっと知らないと思っていました。でもこれほど好きになってくれている方に会えてすごく嬉しいです」と気持ちを伝えた。この番組以降12月26日、ソヨンとジョンヒョクはMBCバラエティ「花束」で再び同席することとなり、その二日後である28日から、二人は本格的に交際を始めたそうだ。ファンとスターの関係だった二人は、いつのまに3年という年月をともにしながら、変わらない恋を育てているのだ。





♥“マナー男のジョンヒョク”“直心なソヨン”オ・ジョンヒョクは2011年4月、海兵隊第1140期として入隊した。軍楽隊で実務生活を始めた彼は、テストを受け、捜索教育隊に志願し、去年6月から慶尚北道(キョンサンブク・ド)浦項(ポハン)にある海兵隊・第1師団捜索大隊で服務した。今年2月18日が除隊日だったが、彼は同月4日から22日まで行われる雪寒期訓練に参加するために、自から除隊延期を申請して話題を呼んだ。こうしたジョンヒョクを、ソヨンは黙々と待っていた。入隊前から付き合っているボーイフレンドのジョンヒョクのために、彼女は恋を裏切らなかった。ソヨンが軍にいるジョンヒョクに会うため面会に行ったという目撃談もある。ソヨンはT-ARAの活動をしながらも、その一方で軍服務中の彼氏を応援し続けた。そしてジョンヒョクはソヨンによる内助のおかげで、無事に除隊した。ソヨンが海兵隊生活で厳しい日々を送るジョンヒョクを応援したのなら、ジョンヒョクは彼女とT-ARAを応援した。“ファヨンのいじめ説”騒動で大変な日々を過ごすソヨンに、ジョンヒョクは軍にいるにも関わらず、ひたすらソヨンのことを応援し励ましてあげた。そのような信頼を築いてきた二人は、さまざまな障害物があってもいっそう固い恋で結ばれた。





♥かわいらしい恋を続けます~! オ・ジョンヒョクとソヨンの交際の噂は、韓国のポータルサイトで関連キーワードで検索されるほど、芸能界で有名だった。しかし両側は認めも否定もせず、ただの噂として出回っていた。二人のデート場面を捉えたのは<スポーツソウルドットコム>が初めてだ。一時結婚説が浮上するほど、ファンの熱い関心を寄せた二人は、“クール”に交際事実を認め、ファンの応援に呼びかけている。オ・ジョンヒョクの所属事務所であるDSPメディアの関係者は、<スポーツソウルドットコム>に「二人はかわいらしい交際を続けている。マナーがよくて優しいジョンヒョクは、ソヨンさんのキュートな魅力と心遣いに惹かれた。これからもいい視線で二人を見守っていただきたい」と交際事実を認めた。ソヨンの所属事務所であるコアコンテンツメディアの関係者も、二人の交際を認めながら「両家の両親と家族の方も交際のことを知っている。オ・ジョンヒョクさんとソヨンはお互いに対して慎重に思い、真面目な交際を続けている」と説明した。





オ・ジョンヒョクは1999年、DSPメディアの前身であるDSPエンターテインメントから、click-Bのヴォーカルとしてデビューし、高い人気を集めた。その後OJという芸名でソロ活動を続け、今年3月末、click-B時代に所属したDSPメディアと再契約を結んで話題を呼んだ。ミュージカル「その日」「スリル ミー」などで活躍し、軍除隊後はSBSバラエティ「ジャングルの法則」を通じて芸能界復帰を知らせた。ソヨンはT-ARAのメンバーとして活動している。2005年CMB「親親青少年歌謡祭」で金賞を受賞し、歌手として才能を認められたソヨンは、T-ARAのメインヴォーカルとしてチームをリードしている。またSBSドラマ「ジャイアント」KBS2TV「海雲台(ヘウンデ)の恋人たち」では女優としても活躍し、来る10月10日からT-ARAの韓国内カムバックを控えている。





[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「メディカルトップチーム」クォン・サンウ、「リョウォンさんと2度目の共演、居心地いいです」

“IU結婚説”のデマ流布者が逮捕!

Wonder Girls ソネの臨月姿が話題!

少女時代 ソヒョン、新ドラ「熱愛」で初の演技挑戦「メンバーに見習ったことを生かしたい」




copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2013年 09月 26日 03:10