[K-POP] 次元の違うセクシー・パフォーマンス!ソンミのデビュー

[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] 韓国の人気ガールグループWonder Girlsの元メンバー・ソンミ(21)が、強烈な印象を残して成功的なソロデビューを果たした。

ソンミは22日放送されたMnetの音楽番組「M COUNTDOWN」で、ソロデビュー曲『24時間じゃ足りない』を初めて公開した。ストライプボディスーツを着てピンクのショートカットに変身したソンミは、次元が違うセクシーなパフォーマンスを繰り広げた。

ソンミはハイヒールを脱いで裸足でステージを歩き回った。妖艶な仕草で歌をよりエロチックにさせたソンミは、妖しい声でさらにセクシー美を加えた。男性ダンサーと一緒にしたセクシーダンスとすらりとした彼女の姿も、曲のセクシーさをアップさせた。

『24時間じゃ足りない』は、JYPエンターテイメントの社長パク・チニョン(人気作曲家)がソンミのために特別に作った曲。ソンミの所属事務所であるJYPエンターテイメントは、「ソンミは、パク・チニョンが13年ぶりにダンス、ミュージックビデオ、衣装などすべてを手掛けた女性ソロダンス歌手だ」と説明した。



[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

少女時代 ユリ&ティファニー、自撮り写真公開にネット民“感心”

パク・シフ、近況...「米で写真撮影、もっとハンサムになったな〜」

RAIN、「SONIC BANG 2013」参加のため出国!“除隊後、初の公式活動”

[SSインタビュー] 韓国の“やまとなでしこ”スエ、「私は女神ではありません」




copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2013年 08月 23日 05:36