[K-POP] EXO、「いじめ? 不仲? 僕らにはありません!」[インタビュー]

[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] 「僕たちは、すでに兄弟のように仲がいいですよ」昨年4月『MAMA』でデビューした12人組ボーイズグループEXOは、その年の年末受賞式で新人賞を受賞した後、『Wolf』を発表し半年だけで韓国の地上波3社の音楽番組で1位のトロフィーをすべて獲得した。まさに最近最もホットなアイドル。今や他のアイドルに劣らないファン層を持つEXOが、新曲『Growl 』で再び歌謡界を振動させている。

‘ホットなアイドル’ EXOと会うため13日、ソウル・江南区(カンナム・グ)にあるSMエンターテイメントの社屋を訪れた。広い会議室を全部埋めるくらい12人のメンバーたちのオーラはすごかった。時には獣のようなカリスマで、時には弟や学校の後輩のような魅力でインタビューの時間を愉快にさせた。時間が足りないほど率直で楽しくインタビューに応じたEXOメンバーたち。“12兄弟”と笑い絶えなかったあの日を記録した。



◆「家族のような雰囲気がもっと大きなエネルギーを与えてくれます」EXO-K(SU HO、CHAN YEOL、KAI、SE HUN、BAEK HYUN、D.O.)とEXO-M(XIU MIN、LUHAN、KRIS、LAY、CHEN、TAO)に分けて活動していた彼らは、昨年6月、『Wolf』で力を合わせた。そして2カ月後、1stフルアルバムに新曲3曲を加えたリパッケージアルバムを発表し、『Growl 』で各種の音源チャートを席巻した。洗練されたビジュアル、派手なパフォーマンス、独特の歌詞と中毒性のあるメロディーは、音楽ファンを魅了するに十分だった。デビューして約1年だけでEXOは韓国で最もホットなアイドルになったのだ。

- 『Wolf』に続き『Growl 』まで多くの愛を受けている。『Growl 』が音源チャートの上位圏に長く留まったのが何より嬉しいです。記者の方々や仲間のアーティストたちが“いい歌だ”と賞賛してくれたのも嬉しいですよ。メンバー全員が毎日歓呼の声を上げています。実は、8ヶ月間の空白期があって心配しましたが、このように大きな愛をいただき、感激しました。今後もファンの方々ががっかりしないように一生懸命頑張っていきます。

- EXO-KとEXO-Mに分けていたが、一緒になって活動したのが受けたのか? メンバーが12人なので、お互いに足りないところを満たしてくれるし、上手なことももっと輝かせることができます。いじめや不仲のようなものはEXOにはありません。僕たち、あまりにも家族のような雰囲気なので、それが大きなエネルギーになる気がします。メンバーが12人もなるから、どこに行っても悪びれることはないですよ。いつもワイワイして、まるで祭りの雰囲気です。メンバーが多くて自分のパーツが少なくなるという不満は全くありません。それぞれが注目を浴びるように等しく分配されているんです。むしろ、ステージの上で色んなパフォーマンスを披露することができていいなと思っています。そして、“次は僕の番”って思いながら、お互いに理解しています。



◆「過激なファンで本当に大変です」-新人グループなのにファン層が大規模だ。「ドリームコンサート」や「アイドル陸上選手権大会」のような番組の撮影に行くと、僕たちを応援してくれる声が大きく、非常に力になります。SBS「人気歌謡」収録時には1500人のファンが来たこともあります。もっと多かったが、中に入れなかったらしいですよ。僕たちは、忙しいスケジュールのせいで疲れる時が多いが、いつも熱狂的に応援してくれて、ステージに立つとヒーリングされる感じです。

- EXOの出演する「人気歌謡」でファンの傍聴が禁止になった。EXOには、特に過激なファンが多いようだ気になる時が多いです。ファンたちが集まっていると車の中で挨拶してあげたいを思うんですが、僕たちのせいて秩序が崩れて事故につながるのではないかと心配です。心が痛いです。実は、過激なファンの問題が深刻です。僕たちに及ぼす影響より、近所の人や関係のない方々に迷惑をかけるので、それが気に入らないですよ。さらに、他のファンまで過激なファンのように映ってしまうのも悔しいです。

- 過激なファンで性格も変わった? 僕(D.O.)の場合は、もっと深刻です。元々の性格が人見知りで警戒心の強い方でしたが、もっと酷くなりました。過激なファンがあまりにも多いので、被害者意識まで生じたんです。一般のファンを見ると、気持ちが変わる時もあって…何回も電話番号を変えても、明け方に電話がくるんです。宿所の前で過激なファンが待っていて、知らないふりをして通り過ぎようとすると、僕に大きな声で悪口をするんですよ。実家に帰る時には死の覚悟でファンをはぐらかしてから行きます。過激なファンのせいでファンに対する態度が変わってしまうのではないか心配です。

- 彼らに言いたいことがあれば? 公演やステージなど公の場のみでお応援していただきたいです。もちろん、熱狂的に応援してくれるのはありがたいことですが、僕たちにもプライベートがあるわけです。僕たちを愛しているなら、過激な行動は自制してください。それだけを願います。特に、宿所の前で待っているのは近所の主民に迷惑なので、何卒お願い致します。



◆「EXOには、女性の理想のタイプがすべて揃っていますよ」 - EXOの人気の秘訣は何? 12人のメンバーの中に女性が求める理想のタイプがすべていることですよね。ハンサムな男、スタイルがいい男、背の高い男、歌が上手な男などすべてが揃っています。メンバーが12人だから、ないわけがないでしょう(笑)。そして、『Wolf』に続き『Growl 』までしっかりしたコンセプトで臨んだのも通じたと思います。実は、アルバムには甘い歌もありますし、タイトル曲として使いたい曲も多いです。もったいないですけど、仕方ないですね。ラジオやイベントなどの時にたくさん歌います。

-先輩の少女時代が積極的にEXOのプロモーションに参加してくれた。本当に感謝します。僕たちはSMの中で一番年下なので、先輩たちが気を配ってくださいます。少女時代だけでなく、SHINee、SUPER JUNIOR、f(x)の先輩たちのみなさんに世話になっています。幸いに昨年のSMタウンコンサートで、先輩たちとのコラボレーションができました。幸せでした。今回のアルバムが出たときにも先輩たちから応援のメールをたくさん受けました。「いい曲だね」、「クールな曲、頑張って!」、「歌謡界を占領しろ!」など熱く応援を送ってくれました。歌手の先輩たちが素敵だと認めてくれたので、それがもっと力になりましたよ。

- “大勢ドル”と呼ばれるが、他に呼ばれたいあだ名があれば? (*大勢ドル:最近一番ホットなアイドルという意味で使われる韓国の造語)“大勢ドル”と多くの方々がお呼びしてくださって、本当に感謝します。しかし、人気って動くものですよね。だから僕たちは“長寿ドル”、“永遠ドル”になりたい。ファンたちの愛を長く受けたいEXOです。



[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

“破格”BIGBANG V.I、2ndソロアルバムの19禁予告映像を公開!

東方神起は「最初、最高」、彼らが歩んできた道を語る!

ソシ テヨン、スムージー自撮りで爽やかな魅力を発散!

韓流危機克服レポート、「東方神起とJYJの合同公演が糸口になる!?」




copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2013年 08月 16日 08:28