[ドラマ] ソ・ジソブの「主君の太陽」、“独走態勢”水木ドラマ1位!

[スポーツソウルドットコム|キム・ハンナ記者] ソ・ジソブのドラマ「主君の太陽」が独走態勢に入った。

15日、韓国の視聴率調査会社ニールセンコリアの調査によると、14日に放送されたSBSドラマ「主君の太陽」は15.2%(全国基準)の視聴率を記録し、地上波3社の同時間帯のドラマの中で1位を占めた。これは8日に記録した14.4%より0.8%ポイントが上昇した数値。

同日の放送では、チュ・ジュンウォン(ソ・ジソブ)の初恋であるチャ・ヒジュ(ハン・ボルム)の霊魂がテ・ゴンシル(コン・ヒョジン)に憑依される場面が流れた。

一方、韓国とペルーのサッカー試合のため、普段より遅れて放送されたMBCの「Two Weeks」は10.0%で2位を記録し、「主君の太陽」と同じ時間帯に放送されたKBS 2TVの「刀と花」は6.4%の視聴率で最下位に留まった。



[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

BIGBANG V.I、新曲『GGBE』で元カノに毒舌!“仕返ししてやる!”

CNBLUE、8月28日に日本2ndフルアルバム『What turns you on?』発表!

韓流危機克服レポート、「東方神起とJYJの合同公演が糸口になる!?」

ビルボード、CRAYON POPに好評!『江南スタイル』を継ぐ人気を予告




copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2013年 08月 15日 07:59