[K-POP] “T-ARA”を商標登録出願...「BEASTの時とは違う」

MBKエンターテイメントがT-ARAのグループ名を韓国の特許庁に商標登録出願した。

MBKエンタは8日、韓国マスコミに「2017年12月28日、特許庁に“T-ARA”を商標として出願した」と明らかにした。MBKエンタの商標登録出願は“T-ARA”の商標権利を保護するための行為。
しかし、MBKエンタとの専属契約が満了したT-ARAのメンバーたちも“T-ARA”として活動するためにはMBKエンタの許可が必要となる。そのため、一部では“第2のBEAST事態”を懸念する声も出ている。BEASTとして活動したメンバー5人は事務所(CUBEエンターテインメント)との契約終了後にグループ名を使用できず、結局Highlightという名前で再デビューした。
MBKエンタは「T-ARAのメンバーらの専属契約が満了したのは間違いないが、まだ決別が決まったわけではない」とし、「BEASTの時とは違う」と強調した。

一方、T-ARAのヒョミン、ウンジョン、ジヨン、キュリは昨年12月31日付でMBKエンタとの専属契約が終了した。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

Double S 301 キム・キュジョン、新年初のファンサイン会を開催!

SUPER JUNIOR イェソン、「Click! StarWars」10週連続1位!SNSでE.L.Fに感謝コメント

「ユン食堂2」初回放送で地上波を圧倒!新メンバー パク・ソジュンには期待の声

カイ(EXO)主演「連続ドラマW 春が来た」× SMT Tokyo コラボメニュー展開決定!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2018年 01月 08日 01:18