[芸能] “EXO脱退”タオ、控訴審でも敗訴!

人気ボーイズグループEXOから脱退しS.M. Entertainment を相手に専属契約効力不存在確認の訴訟を提起したタオが、控訴審でも敗訴した。

ソウル高等裁判所は27日、タオが提起した専属契約効力不存在確認の訴訟の控訴審で、原告敗訴を判決した。2015年4月に所属してきたEXOから脱退したタオは同年、不透明な収益配分、個人活動の統制、一方的なスケジュールの運営などを理由に所属事務所S.M. Entertainmentを相手に訴訟を提起した。
特に契約期間を問題視し、「10年という契約期間は長すぎるため、職業選択の自由と経済活動の自由を過度に制約する」と主張した。

しかし、S.M. Entertainmentは「公正取引委員会が提示した標準取引契約書をもとに結んだ契約」とし、専属契約の内容には問題がないという立場を貫いている。1審の裁判では「海外進出計画などを考慮すると、専属契約で定めた契約期間10年は基本権を侵害するほど不当な期間とは見えない」とタオの主張を受け入れなかった。

一方、タオと同じ理由でEXOを脱退したクリスとルハンもS.M. Entertainmentを相手に専属契約効力不存在確認の訴訟を起こしたが、裁判所の和解勧告を受け入れ、昨年6月に裁判を終結した。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

JYJ ジェジュン、日本ファンクラブ開設を発表!

「メロホリック」東方神起 ユンホがロマンティックな告白

SHINee テミンが出演...デジタル・ドキュメンタリーがスタート!

SEVENTEEN、新アルバムのコンセプト写真公開!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 10月 27日 04:04