[K-POP] TWICE、アメリカでも注目!「2017 音楽界の21歳以下の次世代を担う21人」入り!

日本でも人気を博している韓国9人組ガールズグループTWICE。
28日、米・ビルボードが選ぶ「2017音楽界の21歳以下の次世代を担う21人」(21 Under 21 2017: Music's Next Generation)にTWICEが韓国勢で唯一ランクインを果たした。

ビルボードによると、同ランキングにはコンサートでヘッドライナーを務めるアーティストや、有名ミュージシャン、最近急成長している新人アーティストらも含まれるという。そして18位にランクインを果たしたTWICEに、ビルボードは「JYPエンターテインメント所属で、2015年に結成された。彼女らは、特徴的なサビや、独特なコンセプトとダンスで、韓国内での不動の1位の地位を維持している。TWICEの4thミニアルバム『SIGNAL』の同名のタイトル曲『SIGNAL』はビルボード・ワールドアルバムチャートで3位にランクインした。このようにファンからの大きな支持を受けている現在も成長し続けている」と評価した。今回発表されたランキングには、TWICEの他にも、16歳にデビューし、ビルボードアルバムチャートの首位に輝き話題を集めたシンガーソングライターのショーン・メンデスや、2014年にグラミー賞授賞式で年間最優秀楽曲賞を受賞した歌手のロードなど、そうそうたる顔ぶれが名を連ねた。

2015年に韓国でデビューして以来、数々のリリース曲がランキング首位に輝いてきたTWICE。先日『TT』『CHEER UP』のMVが2億回を突破し、韓国女性アーティストとして初の、リリースした2曲が再生回数2億回を突破するという大記録を達成した。
さらに今年6月には日本デビューも果たし、オリコン月間ランキングで2位になり、デイリーアルバムランキングでは1位に輝くなど、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍している。
また、10月14日と15日の2日間、ソウル・慶煕(キョンヒ)大学で計2回にわたり、公式ファンミーティング「TWICE FANMEETING ONCE BEGINS」を開催する。そして18日には、待望の日本初のオリジナルシングル「One More Time」をリリースするTWICE。
日韓両国で活躍を見せる彼女らの今後の活動にも注目だ。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「東方神起 WEEK」のフィナーレはファンミ!ソロ新曲も初披露予定!

イ・ジョンソクが大活躍!ドラマも好調なスタート

SHIHOが放送中に涙...「息子がほしい!」

俳優キム・スヒョン、10月23日入隊決定!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 09月 29日 05:12