麻薬&飲酒運転容疑…元アイドルメンバーが裁判にて胸中を告白

大麻と向精神性医薬品(向精神薬)の使用容疑と飲酒運転の容疑で起訴されているアイドルグループ“男女共学“出身のチャ・ジュヒョクが心境を告白した。

21日、ソウル高裁にて、麻薬類管理に関する法律違反と道路交通法違反の容疑を受けているチャ・ジュヒョクの控訴審の2度目となる公判がおこなわれた。先月22日におこなわれた一審では、裁判所がチャ・ジュヒョクに対し、懲役1年6ヶ月の実刑判決を言い渡した。
その際、チャ・ジュヒョクは容疑を認めたが、量刑を不服とし、控訴していた。控訴審にて検察は「2013年9月、麻薬の容疑で起訴猶予処分となった後も大麻の斡旋や吸引などの犯行に及び、その後も飲酒運転で事故を起こした。被告人の罪は重い」とし、一審の時と同様、懲役4年を主張した。

チャ・ジュヒョクは「軍除隊後、麻薬を使用するようになった。自分の全てが失われるようなことをしたと思う。収監生活をし、心から自分の罪を反省しなければいけないと思った。罪を犯す可能性のある環境から離れることができるよう、努力していく」と涙ながらに答えた。
さらに「10歳のとき、両親が離婚し、僕を一人で育ててくれた父に対して本当に申し訳ない。(僕が)拘束中に(父が)交通事故に遭いました。肉体的、精神的にとても大変なのに、温かい言葉一つもかけることができず、本当に申し訳ない」と述べている。

チャ・ジュヒョクは昨年、ソウル市内のマンションの地下駐車場に停めていた自身の車の中で大麻を使用した容疑を受けている。また昨年10月30日、ソウル・江南区論峴(ノンヒョン)洞の付近の道路で飲酒運転をして、歩行者3人と衝突し、怪我を負わせた容疑を受けている。

当時、チャ・ジュヒョクの血中アルコール濃度は免許取り消しとなる水準の0.112%だったという。裁判所は今月28日に控訴審の判決を言い渡す。


THE FACT|イ・ジナ
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「東方神起WEEK」、スタートはユンホ!ソロ曲『DROP』が本日(25日)公開!

防弾少年団、新アルバムの売上75万枚突破!

BTOB、ニューアルバムの予告写真公開...来月16日カムバック!

[Click! StarWars] お誕生日を迎えたSHINee キー、東京&ソウルで祝福の動画が上映!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 09月 25日 02:47