[芸能] パク・シフ、来日公演ツアーを盛況に終える

俳優パク・シフが6月9日の福岡を皮切りに、同11日大阪、そして15日東京と3都市5公演の「パク・シフ主演ドラマ・フェス! 大感謝祭ツアー」を開催した。

今回は、パク・シフが主演を務めたドラマ『王女の男』『検事プリンセス』『名もなき英雄<ヒーロー>』などを題材に毎回異なる内容でトークなどを繰り広げるというもの。複数回観覧するファンでもより楽しめるようにと考えられたイベントだ。

15日に東京ドームシティーホールにて開催された最終公演のテーマは「壮絶アクション!ダーク・スンユvs“影”のヒーローシユン~」ということで、シユンのアクションで幕を開けると、初めからファンは大興奮。
そして『王女の男』と『名もなき英雄<ヒーロー>』をテーマに、ファンが選んだ名場面などを見ながら作品を振り返った。

さらに、後半には黒の韓服を身に着け、『王女の男』のスンユのなかでも人気の高い“ダーク・スンユ”のアクションを披露。ファンは奇声を上げながら生アクションを堪能した。
途中で剣を激しく振り回すカッコいい姿を見せたが、「途中で殺陣がわからなくなってしまって、必死に振り回した」と打ち明けて笑う場面も。
実は、今回のイベントのために練習していて、ケガをしてしまい、「十数針縫った」とも明かした。

また、ファン待望の歌の披露では、『王女の男』の感動的なOST曲「今日も愛してる」、そして最後には「応急室」(『怪傑春香』OST)と2曲を歌った。なお、この日の昼公演では、パク・シフオリジナル楽曲の「君を…」と同じくオリジナルの新曲「Don't Leave」でファンを酔わせた。そのほか、ファンの撮影タイムには、客席に降りて後方のファンにもしっかりサービス。イベント終了後には、全員とのハイタッチ会も行い、ファンとの触れ合いをたっぷり楽しんだパク・シフ。

ファンに「まもなく次回作でお会いできると思う」と作品復帰も予告。次はどんなキャラクターを見せてくれるのか、新作が待ち遠しい。なお、パク・シフは今月28日に開催される「SGC SUPER LIVE IN JAPAN 2017」でパク・ギュリ(元KARA)とともにMCを務めることが決まっている。どんなMCぶりを見せてくれるのか、こちらも楽しみだ。


THE FACT JAPAN|野﨑友子
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

パク・シフ、来日公演ツアーを盛況に終える

[インタビュー] クォン・サンウ、「まだまだ気持ちは“青年”...色々な役を演じたい」

東方神起 ユンホ、「軍生活は自分を顧みる時間だった」

B1A4のニューアルバムがタワーレコード1位達成!オリコンでは2位!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 06月 17日 02:23