[芸能] Apinkにも殺害予告...所属事務所「現在調査中」

女性アイドルグループのApinkを殺害するという脅迫電話があり、犯人は、悪質な書き込みを繰り返すネットユーザーの一人である可能性があることがわかった。

15日午前、Apinkの所属事務所Plan Aエンターテインメントの関係者はTHE FACTの取材に「とある男性が『Apinkの所属事務所に告訴されたので、Apinkを殺害する』と江南警察署に電話をかけて脅迫したのは事実だ。現在、事務所が告訴中の事件は1件だけだ。それはネットに悪質な書き込みを繰り返すネットユーザーを相手にしたもの」と語った。
さらに「殺害の脅迫犯は、悪質な書き込みを繰り返すネットユーザーではないかと推測している状況。警察が調査中でその結果を待っている」と明らかにした。所属事務所によると、現在、警察官が事務所に派遣され、Apinkの練習室にも警察官と私設警備員が配備されているという。Apinkは今月26日にカムバックを控えている状況なので、幸いにも公の場でのスケジュール予定が無い。関係者は「メンバーの安全を最優先にしている。メンバーは宿舎での共同生活をしていて、警備は容易な状況」と述べている。

先日もネット掲示板上にTWICEのミナに対する脅迫文が投稿されたばかりで、今回の事件も大きな波紋を呼んでいる。

2014年には日本のAKB48がファンサービスの一環として握手会をしていたところ、刃物を持った男が襲撃してメンバーに怪我を負わせた。また2016年にも、芸能活動をしていた女子大学生が男性ファンに刃物で刺され重傷を負う事件が発生していた。過激なファンや、悪質なコメントを繰り返すネットユーザーの言動が、純粋にタレントを応援しているファンに大きなショックを与える。今後もこのような事件が社会的問題になると思われる。


THE FACT | クォン・ヒョクキ
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

2PMのJun. Kが激やせ!ファンから心配の声「早く治ってください」

G-DRAGONの“USBタイプのアルバム”が議論!「何が問題ですか」

EXO シウミン、「Click! StarWars」5週連続1位達成!ソウル&東京でお祝い動画上映決定!

BoA ビルボードにてチケット争奪戦のプレミアムライブを開催!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 06月 15日 05:47