[映画] 映画「不汗党」、カンヌ映画祭で観客総立ち!

映画「不汗党」が第70回カンヌ国際映画祭で上映された。

一緒に観覧した出演陣は、上映後の約7分間に及ぶ観客の総立ちと拍手に、目を潤ませた。映画「不汗党」は24日午後11時(現地時間)、フランス・カンヌにあるルミエール大劇場で開催されているカンヌ国際映画祭で初上映された。会場には、ソル・ギョングやZE:Aのシワン、キム・ヒウォン、チョン・ヘジンら映画出演陣も登場した。しかしピョン・ソンヒョン監督は、自身のSNSでの発言問題で、カンヌに同行しなかった。

この日、映画の公式上映会が終了後、観客は7分間総立ちとなり、拍手を送った。今回の同映画祭のミッドナイト・スクリーニング部門のノミネート作品としては、最も長いスタンディングオベーションとなり、ソル・ギョングとシワンは目に涙を浮かべた。



一方、同映画のピョン・ソンヒョン監督は、SNSでの大統領選挙に関する私的な発言や、女性への性的発言が問題になったことで、自粛することを発表し、カンヌ国際映画祭への不参加を決定していた。映画「不汗党」は、犯罪組織のトップを狙うジェホ(ソル・ギョング)と、怖いもの知らずの新米ヒョンス(シワン)の友情と裏切りを描くアクション映画。韓国では5月18日に公開され、興行成績も好調となっている。


THE FACT | キム・ギョンミン
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

ヒョンビンとソン・イェジンの共演が決定!映画「交渉」6月にクランクイン!

話題作「人間の時間」キャスト確定!主人公はチャン・グンソク&藤井美菜!オダギリジョーも出演決定!

“本日(25日)入隊” SUPER JUNIOR キュヒョン、新曲「また会える日」チャート1位!

キム・ウビン、“鼻咽頭がん”で活動中断!「治療に専念」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 05月 25日 04:52