[K-POP] HALO(ヘイロー)日本 2ndライブを大盛況で終了

6人組ボーイズグループのHALOが、日本で2度目となる単独ライブ「HALOの不思議なレストラン」を、東京・山野ホールにて5月3日、4日の2日間で3公演、大阪・YES THEATERにて5月6日に1公演の計4公演を開催。

HALOVE(=HALOのファン)を熱狂させた。HALOメンバーたちがシェフになって迎えるオープニング映像で幕を開けると、「I wanna hold your hands」のイントロでメンバーがステージに登場。日本デビュー曲の「FEVER-Japanese ver.-」から6人の力強いダンスと歌で、ファンの興奮は高まっていった。
4曲を披露したところでのあいさつでは「不思議なレストラン」にちなみ、自分を「味」で表現。「ステージの上で7変化するし、ピリッとしたスパイスが効いているから僕は“七味”」というジェヨンや、「舞台が一つの料理だとして、その上で自由自在に踊る僕は“かつお節”」と言うヒチョンなど、全員が巧みな日本語で自分の味を表現し、会場を沸かせた。

また、今回ソロコーナーで披露したのはすべて日本の曲にオリジナルの振りを付けてのカバー。
ここでも「レストラン」らしく、RIP SLIMEの「フォーチュン・クッキー」(インヘン)、Charaの「ミルク」(ヒチョン)、スキマスイッチの「アイスクリーム シンドローム」(ジェヨン)、ゆずの「いちご」(ディノ)「シシカバブー」(オウン)、ポルノグラフィティの「オニオンスープ」(ユンドン)を「本日のSpecial MENU」として提供。それぞれの個性に合った選曲と、ミュージカルのような振り付けの演出で圧巻のステージとなった。
メンバー全員が女装してのミニコントからのApink「NO NONO」ダンス披露では、完璧なコピーダンスながらメンバーたちのミニスカート姿に大きな笑いと悲鳴のような声が上がった。そこからがらっと雰囲気を変え、アコースティックバージョンにアレンジした「Yours」、メンバーのディノが作詞作曲した「僕たち、晴れ」をしっとりと歌い上げ、さらにファン待望の日本2nd シングル「JASMINE」を初のパフォーマンス披露。
切なく歌い上げながらも、キレキレのダンスにファンのテンションは最高潮に。最後はステージを飛び降りて、ファンとハイタッチしながら「Go Away」「HEAVE HEAVEN」で盛りあがった。

最後のあいさつでは、「前回のライブで思ったんです。もっともっと皆さんとコミュケーションが取りたい。
もっともっと直接話がしたいと。だから、韓国に帰ってから、日本語を一生懸命勉強しました。上手になったでしょ?」と、ヒチョン。その言葉に涙を拭うファンたちと、日本のファンと直接コミュニケーションができるようになった喜びいっぱいのメンバーたちの心が繋がる暖かい空気でライブは幕を閉じた。
韓国でもカムバックを迎えるHALO。今後の日韓両方の動向に注目だ。


THE FACT JAPAN|野崎友子
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

Click! StarWars日本版、リニューアルオープンのお知らせ

イ・ミンホ、社会服務要員として初出勤!

ソルリの熱愛報道、事務所が認める

防弾少年団、オリコン1位!!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 05月 12日 02:29