[K-POP] Triple Hの新曲が放送不可...性行為を連想させる!

元4MinuteのヒョナとPENTAGONのフイ&イドンがコラボした混成ユニット“Triple H”の新曲が、韓国地上波放送局KBSから放送不可判定を受けた。

KBS歌謡審議は9日、今月1日にリリースされたTriple Hのアルバム「199X」の収録曲『Dream or Reality』に“放送不適格”の判定を下したと伝えた。“放送不適格”を受けた歌はKBSのすべての番組で放送することができない。『Dream or Reality』はヒョナとイドンが作詞に参加した曲。

審議は、「男女の性行為を連想させる表現が歌詞に含まれている」と判定の理由を説明した。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

Click! StarWars日本版、リニューアルオープンのお知らせ

イ・ミンホ、入隊前最後となるCM撮影現場が公開

防弾少年団、米ビルボード・アワードに参加決定!K-POP初!!

G-DRAGON、親に送る手紙公開!「親孝行できなくて申し訳ありません」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 05月 10日 02:45