[K-POP] G-DRAGONからJYPまで!PSYのニューアルバムに実力派アーティストが集結

1年半ぶりとなるニューアルバムを発表するPSYが、トラックリストを通じて収録曲名と詳細を公開している中、Block Bのジコ、歌手で女優のイ・ソンギョン、BIGBANGのSOLがアルバムの製作に参加していることがわかり、話題を呼んだ。

そんな中、YGエンターテインメントは「G-DRAGON、iKONのB.IとBOBBYがフィーチャリングとして参加し、JYPのパク・ジニョンさんが共同作詞、作曲で協力してくれた」と6日、明らかにした。
これにより、現時点で公開されたPSYの新譜には、フィーチャリングでG-DRAGON、SOL、B.I、BOBBY、イ・ソンギョンが参加し、共同作詞・作曲ではジコ、パク・ジニョン、KUSH、B.I、BOBBYが名をあげている。この日、新たに公開された3つの新曲名は『BOMb』『We are young』『ファクト暴行』。
中でも『ファクト暴行』はG-DRAGONが作詞とフィーチャリングに協力。2012年に発売されたPSYの6thアルバムの収録曲『アオガエル』以来、2度目となるコラボである。

パク・ジニョンの共同作詞・作曲に参加した『BOMb』は、iKONのB.IとBOBBYが共同作詞・作曲とフィーチャリングにも参加し、『We are young』ではTHE BLACK LABELのプロデューサーであるKUSCHとソ・ウォンジンが作詞・作曲を務めた。トラックリストにはまだ3曲の空きが残っており、PSYの8枚目となるフルアルバム「4×2=8」は5月10日(水)にリリースされる。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

Click! StarWars日本版、リニューアルオープンのお知らせ

G-DRAGONからJYPまで!PSYのニューアルバムに実力派アーティストが集結

防弾少年団の南米公演を米ニューヨーク・タイムズ・マガジンが注目

TWICE、モモ×ミナ×ツウィが「SIGNAL」ポーズ

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 05月 06日 02:58