[ドラマ] ジェシカを揶揄うドラマ?!批判殺到に制作陣が謝罪!

ドラマ「超人家族2017」側が歌手のジェシカに謝罪した。

今月24日に韓国の地上波SBSで放送されたドラマ「超人家族2017」では、登場人物が納骨堂を訪問するシーンが描かれたが、同シーンで映った訪問者名簿の名前が放送後大きく批判されるようになった。問題になった名前は“チョン・スヨン”と“チョン・スジョン”。 故人の名前にはチョン・スヨンが、訪問客の名前にはチョン・スジョンと書かれていたが、それは元少女時代のメンバーで歌手のジェシカとf(x)のクリスタル姉妹の本名だった。

さらにドラマでは「お姉さんに会いたい。愛してる」というメッセージも訪問者名簿に記されており、二人を指して悪質に揶揄っているのはないかと多くの視聴者の批判が殺到した。これを受け、ドラマ「超人家族2017」側は28日、韓国マスコミに「ジェシカさんに連絡を取り、状況を説明した。故意ではなかったが、ちゃんとチェックせず誤解を招いたことについて謝罪した。これから二度とこのようなことがないように努力していく」と謝罪した。

ジェシカ側も同日、「制作社のプロデューサーから連絡がきて“誠に申し訳ない”と謝罪した。ドラマ側が丁寧に謝罪したため、それを受け入れ、これ以上問題化しない」とコメントした。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

Click! StarWars日本版、リニューアルオープンのお知らせ

SJ キュヒョン、入隊前にファンミ開催決定!

SF9、『KCON 2017 JAPAN』のコンベンションステージにも登場!VR体験ができるSF9ブースも展開決定!

JYJユチョンと結婚するファン・ハナが貰ったプレゼントとは?

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 04月 28日 09:20