[ドラマ] 超新星 ユナク、ドラマ『増山超能力師事務所』であえての“片言演技”で熱演!

田中直樹(ココリコ)が主演を務める読売テレビ・日本テレビ系の連続ドラマ『増山超能力師事務所』の2月23日放送の第8話に、主題歌「君じゃなきゃ」を歌う超新星のユナクがゲスト出演。日本人役でもこなせる日本語力をもつユナクだが、今回はあえて片言日本語での演技を披露した。

ユナクが演じるのは、彼女を日本に残して韓国に帰ってしまう青年、ユン・ジフン。今回の出演を受け、「主題歌を担当させていただいていて、毎週見ているドラマに出演出来て嬉しいし、楽しかったです。久し振りにロマンチックな演技をさせていただきました。現場では皆さんに優しくしていただき、楽しく撮影出来ました」と撮影を振り返る。また、元彼女・篠崎玲奈役の山下リオについては、「人形みたいに可愛らしい方で、いろいろ一緒に話しながらロマンチックな雰囲気を仲良く作っていけたと思います」と印象とともに共演の感想を語った。

また、以前に主題歌が収録されているCDの発売イベントで、「超能力があれば過去に行きたい」と話していたユナク。あらためて、「過去に行って何をしたいか?」と問われると、「大学時代に名古屋の大学に留学をしていたのですが、国費留学生だったので勉強ばかりしていて、毎日図書館と家と大学の往復の生活でした。日本の文化やグルメを楽しむ時間がなかったので、その頃に戻ってもっと日本中を旅したいです」と夢を膨らませた。そして、「『冬のソナタ』の現代バージョンみたいです(笑)。逆に日本語を片言で演じるのが難しかったけど、ピュアな学生時代、そして大人になりクールなユン・ジフンをお楽しみに!」と第8話のみどころをアピールした。

ストーリー上で重要な役を演じるユナクは、どんな演技を披露しているのか。自身が歌う主題歌とシンクロするシーンは注目だ。



THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

BIGBANGニューフルアルバム『MADE』がオリコンウィークリー初登場1位獲得!!

U-KISS、「スカパー!音楽祭2017」に初のK-POPグループとして参戦!

ZE:A ヒョンシク、初の時代劇「花郎」放送終了に「熱く取り組んだ作品」

演技派俳優キム・ナムギル、約 1 年ぶりの来日イベント開催決定!!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 02月 22日 08:58