[K-POP] CRAYON POP、3月で専属契約が満了...「再契約についてはまだ」

CRAYON POPと現事務所の契約は3月に満了となるが、まだ再契約については具体的に議論していないことがわかった。

CRAYON POPの所属事務所Chromeエンターテイメントは1日、韓国マスコミに「CRAYON POPとの専属契約が3月に満了となる」と伝えた。続いて「まだ正式にメンバーらと議論したことがない」とし「再契約については決まり次第発表する」と語った。

2012年にデビューした5人組CRAYON POPは、2013年に発表した『BAR BAR BAR』が大ヒット。特に、ヘルメットとジャージ姿でみせた“直列5気筒ダンス”というパフォーマンスが一大ブームを巻き起こし、韓国だけでなくアジア全域で高い人気を博した。

最近はメンバーのソユルが13歳年上のトップアイドルグループ出身のムン・ヒジュンと結婚することを電撃発表し、注目を浴びた。二人は2月12日に式をあげる予定だ。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

チャン・グンソク、「私の耳にキャンディ2」に出演しない…今年は演技に専念

YG、有名プロデューサー5人と契約!バラエティ市場開拓に本格始動

イ・ミンホに3月入隊報道…事務所は「決まったことはない」

キム・テヒ、結婚後の初グラビアが公開

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2017年 02月 01日 07:09