[芸能] カン・ドンウォン、初恋との思い出を語る

俳優カン・ドンウォンが初恋との思い出を明かした。

スタースタイルマガジン・HIGH CUTは、「隠された時間、古木と深い海のように、静寂に流れるカン・ドンウォンの時間」というタイトルのグラビアを公開した。カン・ドンウォンは静かな森と海を背景に、ラッフルブラウスとタートルネックのセーター、オーバーサイズのチェック柄コートとバーガンディベルベットパンツ、ブラック&ホワイトのパンツとシャツなどをマッチしたコーディネートで微かな微笑みとともに神秘的な雰囲気を演出。視線を釘付けにした。
撮影後に行われたインタビューでは、公開(11月16日)を控えた主演映画「隠された時間」(オム・テファ監督)のエピソードや、初恋との思い出を聞かせてくれた。まずカン・ドンウォンは、今作について「初々しかった初恋を浮かべられる物語が描かれている。年をとって胸を苦しめた初恋ではなく、思春期よりずっと前の、そういう記憶を思い出させる映画」と紹介した。続けて、自分の幼い頃を浮かべながら「小学校1年の時に、同じ組で肌がすごく白かった子が好きだった。まだ名前も憶えている。初恋というよりは、母親以外に初めて女性が好きになった経験だった」と述べた。本当の初恋について聞くと、彼は「初めて胸を苦しめていたのは、高校の時だった。すごく苦しかったけれど、今思うと心温かくなる思い出になっている。初恋はすべての記憶のなかで一番強い記憶だと思う。初恋を思い出すと、高校時代の時、その頃の天気や匂い、こういうものまで思い出させる」としながら当時を回想した。

「隠された時間」で共演した20歳年下の新人子役シン・ウンスについては「何を話題にして話すか迷っていて歌手やアイドルの話をしたが、当時JYPからあるガールズグループがちょうどデビューをしたと聞いた。僕は知らなかったからすぐチェックして、その時TWICEについて詳しく知るようになった。ウンスにTWICEの姉さんたちがいつ撮影現場に来るのかと冗談を言ったりもした」と笑顔を浮かべた。

カン・ドンウォンのグラビアとインタビュー全文は、HIGH CUT韓国版185号に掲載される。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

BIGBANG、78万1,500人動員!海外アーティスト史上初の4年連続ドームツアー開幕!!

カン・ドンウォン、初恋との思い出を語る

サランちゃんが「スーパーマンが帰ってきた」にサプライズゲストとして登場!

“イ・ジュンギからチェ・ジウまで”ウェブドラマ「ファーストキスだけ6回目」夢のような豪華共演を予告!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 11月 07日 03:39