[映画] 映画「隠された時間」主演カン・ドンウォン、15歳の新人シン・ウンスを賞賛「徹底的に準備してきた」

俳優カン・ドンウォンが新人シン・ウンスを賞賛した。

11日、ソウルで開かれた映画「隠された時間」(監督:オム・テファ)の制作報告会でカン・ドンウォンは共演した子役女優シン・ウンスについて「昨年、初めて会った。第一印象が良かった」と話した。続いて「シン・ウンスは今回が初めての作品だが、本当にたくさん準備してきた」とし「そのためか、俳優たちや監督さんにたくさん可愛がられた」と後輩の人気ぶりを説明した。今回の作品を通じてデビューするシン・ウンスは15歳。カン・ドンウォンとの歳の差は20歳になる。これにカン・ドンウォンは「シン・ウンスは僕を“お兄さん”と呼ばずに“先輩”と呼んだ。ところが、マネージャーさんには“お兄さん”と呼ぶのをみて、マネージャーさんの年を調べたら、僕より若干年下だった。それで、“見た目では僕がもっと若く見えるのになぜ?”と思ったりもした」と冗談混じりでエピソードを公開した。すると、シン・ウンスは「私には(20歳も年上の方に)“お兄さん”と呼ぶのは難しかった」とコメントし、会場を笑わせた。

「隠された時間」は、お母さんを失ったスリン(シン・ウンス)が継父と一緒にファノドに引っ越し後、謎の失踪事件から突然大人の男性になって戻ってきたソンミン(カン・ドンウォン)と出会ってから繰り広がる物語を描いた作品。11月に韓国で公開される予定だ。


THE FACT|クォン・ヒョクギ記者
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

TWICE、10月24日にカムバック決定!TTと名付けた謎のイントロフィルムを公開

SUPER JUNIOR リョウク、本日(11日) 入隊へ…イトゥクが見送り

エル(INFINITE)が初主演ドラマの先行試写会&トークショーに登壇、作品への自信を示す

[コラム] なぜ、日本ドラマはSFコメディドラマがヒットしないのか

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 10月 11日 05:05