[ドラマ] イ・ジョンソク、「W」ハン・ヒョジュとのキスシーンは“期待してだけにきれいになっていた”

俳優イ・ジョンソクが、微笑ましいビジュアルをみせる秋の男に変身した。

スタースタイルマガジン・HIGH CUTは31日、最近イ・ジョンソクと行った秋のファッショングラビアを公開した。少女漫画の主人公をコンセプトに、イ・ジョンソクは秋にときめく男のセンチメンタルを表現。ホワイトのタートルネックフルオーバー、グレーのオーバーサイズコート、コクーンフィットのジャンパーなどでトレンディーなファッションアイテムを、その“マンチッナム(만찢남:漫画の画面を破って出てきた男の意味)”のようなビジュアルで完璧にこなした。

撮影後に行われたインタビューでは、現在放送中のMBCドラマ「W」のビハインドストーリーを打ち明けた。話題を呼んだ第7話のハン・ヒョジュとの“手錠キスシーン”について、彼は「ヒロインが手錠をかけられていたから、手をどうすればいいのか、顔の角度はどうすればいいのか、自分なりで研究しました。期待していただけに、きれいになっていました」と伝えた。
カン・チョル(イ・ジョンソク)の文語体の話法と2倍速のように早口で言う台詞も話題を集めた。これについてイ・ジョンソクは、「普通文語体になっている台本を口にしやすい口語体に変えて演技しますが、『W』ではあえてそのままにしました。なるべく一文字も変えずに台本通りにしていると思いますが、今までやってきた作品のなかで一番台詞が多いです。今も台本を持参していて、いつも枕もとに置いておいて寝ています」と、作品に対する愛情を表した。早口の台詞は具体的なモデルがいたという。これについて彼は、「脚本家の方がドラマ『ナイン〜9回の時間旅行〜』とイギリスドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』を例えながら、できるだけ早く、うまく伝えられるようにしてほしいと言いましたので、そう心がけて演じました」と説明した。

秋の男に変身したイ・ジョンソクのグラビアとインタビュー全文は、9月1日発売のHIGH CUT第181号に掲載される。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

超新星 ユナク、ソロライブのファイナル「これからも頑張るユナク!」

イ・ジェジン(from FTISLAND)、1stファンミーティング開催

B.A.P、デビュー5年で単独リアルバラエティ初挑戦!視聴者1人と一緒にハワイ旅行へ

イ・ビョンホン、トロント国際映画祭開幕作「マグニフィセント・セブン」のために9月出国

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 08月 31日 02:11